日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

憂愁平野
ユウシュウヘイヤ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年01月15日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
113分  

週刊朝日連載・井上靖の同名の原作を「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」の八住利維が脚色、「如何なる星の下に」の豊田四郎が監督した文芸もの。撮影は「喜劇 駅前温泉」の岡崎宏三。

スタッフ

製作
佐藤一郎金原文雄
原作
井上靖
脚色
八住利雄
監督
豊田四郎
撮影
岡崎宏三
音楽
団伊玖磨
美術
伊藤熹朔
照明
榊原庸介
録音
長岡憲治西尾昇
スチル
橋山愈

ストーリー

何不自由のない妻の座が急に空虚に感じられた時、亜紀はフト夫の賢行が自分の全く知らない生活を持っているのではないかと思った。早速、亜紀は夫のいる軽井沢へ出掛けた。が、夫はゴルフに疲れて寝ていただけだった。その帰途、亜紀は乙枝と信子という若者に逢い信子を乗せて帰った。一方、賢行は偶然にも亡くなった白友の妹、時津美沙子にに会った。賢行は美しく成長した美沙子に女を感じ、美沙子は賢行をいつしか男性の理想として見るようになっていた。こうした二人の感情を何も知らない亜紀は、ホテルのロビーに賢行を尋ねて来た美沙子に逢い本能的に反発していた。ある日、街角で乙枝とバッタリ逢った亜紀は、彼の友人である彫刻家、巽魚次郎を紹介された。そして、巽と美沙子が遠縁に当ることを知った。亜紀は夫と全く違ったタイプの巽に次第に魅かれて行った。そして、二人で古木を見て回ったり彫刻展へ行ったりした。ある晩、美沙子と賢行はゴルフ練習場のグリルで逢った。そこで美沙子は今まで抱き続けて来た気持を語り、「あなたの子供が欲しい……」と美沙子は泣きくずれるのだった。賢行は家へ帰らないという美沙子を伴い軽井沢で二人の一夜を過した。一方、亜紀は巽の胸に顔を埋めていた。その時、巽の「今、御主人は何処にいるのですか」という言葉に、一瞬亜紀は賢行と美沙子が軽井沢のホテルに同宿している、と思った。亜紀は軽井沢へ行った。と、そこでばったり巽と顔を合わせ、美沙子が恵那へ帰ったことを知った。亜紀は思った。過ぎ去ってしまえば自分も賢行も美沙子を忘れるだろう……。そして、何不自由のない家庭の妻として一生賢行を愛し続けるだろう……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。