日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

狙い射ち無頼漢
ネライウチブライカン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年10月06日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

「歌う明星 青春がいっぱい」の若井基成と「胡蝶かげろう剣」の直居欽哉、「素っ飛び二人三脚」の横山保朗が共同でシナリオを執筆。「警視庁物語 十九号埋立地」の島津昇一が監督したアクションもの。撮影は「東京丸の内」の林七郎。

スタッフ

企画
亀田耕司吉田達
脚本
直居欽哉横山保朗若井基成
監督
島津昇一
撮影
林七郎
音楽
菊池俊輔
美術
中村修一郎
照明
小松忠之
録音
入江進
編集
鈴木寛
スチル
田中牧夫

ストーリー

給料輸送車強盗犯の刑期を終え出所する北見竜介には執念がある。三年前、大杉を首謀とする竜介達五人は、綿密計画の下に給料輸送車を襲撃し一億円近い現金を強奪した。が、誰かの裏切りが作戦途上で混乱を招き、竜介は逮捕され大杉は殺された。上野へ来た竜介は、礼二という男に得意の早射ちを披露し、「弾をぶち込んでやりてえ野郎は唯一人」と弾倉に一発残し歩み去るのだった。谷中墓地には仲間の墓標が三つ並んでいた。その前で「生き残りは俺と伊東の二人だけ。すると裏切者は伊東だ」とつぶやく竜介、とその背後に銃口がつきつけられた。一方、礼二は、東北刑務所に差し入れした毒入り弁当の相手が、先刻の竜介だと知り口惜しがった。拳銃をつきつけられた竜介は、操車場近くの倉庫で顔半分焼けただれた伊東と再会、逆に伊東から裏切者と罵られ一億円のあり場所を詰問された。その時、竜介を狙った銃声一発。竜介は左腕から血を流し走り去る影を追ったが、見失なってしまった。道端にうずくまる竜介を由美子が見つけ、勤務先の診療所にかつぎ込んだ。そして重傷の竜介を介抱してやるのだった。しかも父が竜介の仲間に殺されているのだ。伊東に対する疑惑の解けた竜介は、一刻も早く裏切り者の正体を曝こうと焦りベットから逃れた。もしや--、谷中墓地で仲間の一人多田の墓を掘りおこした竜介は、カラッポの骨壷を見て唖然とした。竜介は元刑事の橋田をつきとめた。追及を受けた橋田は王に連絡したが、そのために銃弾を喰い「処理した死体は二つ……」と言い死んだ。多田は生きている!多田はどこにいるのか。そうした竜介の脳裏に閃めいたのはクラブ「ミミ」の王のことだ。王が怪しい。黒い怪物に体当りする竜介。そして、その竜介を待っていたのは……?

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。