日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

伝七捕物帖 影のない男
デンシチトリモノチョウカゲノナイオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年05月23日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

土師清二、城昌幸、陣出達朗原作『小説倶楽部』所載『からくり女難』より柳川真一が脚色、「いかすじゃねぇか三度笠」の深田金之助が監督した伝七捕物帖。撮影は「八幡鳩九郎」の脇武夫。

スタッフ

企画
石井寛治
原作
土師清二城昌幸陣出達朗
脚色
柳川真一
監督
深田金之助
撮影
脇武夫
音楽
小沢秀夫
美術
角井博
照明
徳永進
録音
藤本尚武
編集
堀池幸三
スチル
平井稔乃

ストーリー

美人年増と浮名を流す両国広小路の御新造お島が殺された。容疑者としてつかまったのはこれも江戸で名高い目明しの伝七の義弟だというので、事件は面倒になった。おかげで伝七は十手を召し上げられたが、ヤクザから足を洗おうとしていた健太を信じて独自の行動を開始した。殺しの現場であるお島の家に赴いた伝七は、そこで大阪の天満与力小河内又十郎に会った。彼は麻薬を流す梵字屋徳兵衛を追って江戸へやって来たのだ。お島のところには、たびたび大阪からの飛脚が来ていたという。伝七はお島殺しがただの殺しではないとにらんで梵字屋の乾分重蔵をさぐったが、すでに彼は何者かに殺されていた。そんな時、健太が恋人お時に逢いたさに破牢した。しかも運悪く南蛮屋敷の馬次郎が殺された現場に居合せた。現場検証に来た伝七は、眼帯をかけた男が死体を凝視しているのに不審を抱き後を追ったが尾行を感づかれ逃げられた上、何者かの手裏剣に危うく命を落すところだった。その眼帯の男、実は梵字屋の乾分長柄の岩吉で、お島、馬次郎と身内の者が次々と殺されるのは、利益を一人占めしようとする南蛮屋敷支配人王竜仁の仕業と思い込み、その真偽を確かめに来たのだ。だが、真犯人が全く意外な人間である事を気づいた時、王のために殺されてしまった。岩吉が梵字屋だと感違いした王は、人違いと知って凝然とした。立ちすくむ彼の前に現れたのは又十郎だった。「あんたが梵字屋……」と言いおわらぬうちに、又十郎実は梵字屋の一刀が王の肩に打ちおろされた。「俺の正体を知ったものは消えてもらう。お前は俺の身代りとして死ぬんだ」と、不敵につぶやく又十郎。彼は“梵字屋”を抹消して又十郎として生きのびようという魂胆だ。しかし、又十郎を追って来た伝七に見破られてしまった。小指のない男が犯人であると言う伝七の証言と、犯人のやり方が武士上がりの人間であるとにらんだ伝七の推量たった。「流石は伝七」と又十郎、拳銃をとり出して逃れようとした。だが、かけつけた健太は又十郎の拳銃をはねとばした。それでも必死に逃れんとする又十郎の行手を阻んだのは、捕方陣だった。事件は無事に収まった。伝七に十手が返されたのは勿論、無事を証明された健太は、目明し二代目となった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。