日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雁ちゃんの警察日記
ガンチャンノケイサツニッキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年02月04日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
53分  

樫原一郎原作の小説から、「サラリーマン手帖 坊っちゃん社員とぼんぼん社員」の森田竜男が脚色。同じく酒井欣也が監督した喜劇もの。

スタッフ

製作
吉村寛之
原作
樫原一郎
脚色
森田竜男
監督
酒井欣也
撮影
竹野治夫
音楽
大森盛太郎
美術
桑野春英
照明
寺田重雄
編集
野村政七

ストーリー

ガンちゃんこと富井雁太は警察本部音楽隊のトランペッター。ふとしたことから、ただ一人の肉親である兄を探しに、紀州から出てきた少女まり子を、自分の独身アパートに連れてくることになった。アパートには、捜査三課につとめる美人刑事原田弓子がいる。雁太にしてみれば高嶺の花だが、彼が女の子を連れてきたというので部屋へ行ってみると、まり子が急に眼の痛みを訴えて、隣室のインターン薮井がきて大あわての最中だ。昨夜、轢き逃げの車にやられたのが原因だが、その車こそ警察が追跡中の宝石強盗のものと判り、みんなは色めきたった。まり子の眼の手術のために、雁太はニコニコ貯金を下げて入院させてやる。眼帯のまま紀州の民謡をうたうまり子に雁太は淡い恋心をおぼえ、それにつけても宝石泥棒を捕えたいと思うのだった。かくて雁太の涙ぐましい捜査がはじまる。本部からこの事件の特別捜査の命をうけたひろ子の口から、この事件に外国人がからんでいるのを知り、雁太は外国人に変装してまんまと強盗一味の中に乗りこむが、たちまち偽物とバレて地下室に閉じこめられてしまった。雁太はこの世の思い出にとまり子に想いをこめて、彼女がよく歌っていた紀州の民謡を口ずきむ。これを聴いた一味の見回わりの一郎こそまり子が探していた兄で、心ならず悪の道に走った彼は、初めて妹のことを雁太に聞かされ、警察に一味のかくれ家を知らせて雁太を逃がしてやった。勇躍、雁太は強盗一味を捕え、まり子のいる病院へ帰ると、そこでは一郎がまり子に別れを告げていた。自首しようとしている一郎の手を、まだよく見えぬまり子の手に握らせ、兄さんは商用で外国へ行くのだと、彼女の夢をこわさぬよう気をつかう雁太だった。やがてまり子の眼帯のとれる日、急ぎ帰った雁太を待っていたのは、両親の許しを得て恋人と結婚するため、紀州へ帰ったまり子の置手紙だった。雁太はさめざめと泣いた。「あなたには、トランペットという恋人があるじゃないの」そういって慰めるのは弓子だ。今日も雁太は、はりきって楽隊の先頭を行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。