日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

セールスマン物語 男にゃ男の夢がある
セールスマンモノガタリオトコニャオトコノユメガアル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年09月02日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
63分  

「銀座ジャングル娘」の若井基成と「助っ人稼業」の山内亮一の共同脚本を「青い狩人」の井田探が監督したセールスマンもの。撮影は「青い狩人」の山崎安一郎。

スタッフ

企画
久保圭之介
脚本
若井基成山内亮一
監督
井田探
撮影
山崎安一郎
音楽
河辺公一
美術
柳生一夫
照明
熊谷秀夫
録音
橋本文雄
スチル
荻野昇
編集
丹治睦夫

ストーリー

東洋ソフラン商事の新入社員上野洋平と須崎芳男は、セールスマンとして販売課に配属された。第一日、須崎は親類をおがみ倒して責任額の五セットをさばいたが、洋平は一セットだけ。翌日も上野は押し売りと間違えられたり、番犬に噛みつかれたり、散々な目に会った。そんな洋平を励ましたのは、かつての名セールスマン池島氏である。番犬と仲よしになるのがセールスマンの妙諦だと教えられた上野は、さっそく野良犬を拾ってご機嫌のとり方を研究した。猛犬を手なづけて植木職の小沢に会ったが、ウンといわない。須崎との賭けに負けてコーヒーをおごる羽目になった洋平は、ある喫茶店でドアガールの菊子に会って驚いた。失意のどん底にあったとき、優しく慰めて貰ったことがあるのだ。ほのぼのした気持で帰る途中、養老院に働く結城という男に会って五十セットを納めたが、これが詐欺師で小切手は不渡り。青息吐息の洋平は菊子に誘われて彼女の自宅へ行った。菊子の父親こそ、会社の清水課長ではないか。課長は「本当のセールスとは押し売りや媚を売ることではない。わしはお客に幸せを売るつもりでやっている」といった。心機一転の洋平は再び小沢を訪ねた。洋平の熱心さに動かされた頑固親爺は、東邦物産の会長城戸翁を紹介してくれた。そして、五百セットの契約がまとまり、天にも昇る気持で社へ帰ると、成績不良の清水氏がクビになるところだった。洋平は契約書を清水氏に握らせて、「こんなに契約できたのも清水さんのおかげです」といった。池島部長も、田所主任も彼の心意気にすっかり感動した。洋平と菊子の結婚式も遠い日のことではあるまい。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。