日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

銀座のぼんぼん
ギンザノボンボン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年09月15日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

長瀬喜伴と樫村三平の共同オリジナル・シナリオを「薔薇と拳銃」の瑞穂春海が監督した下町もの。撮影は「女房学校」の中川芳久。

スタッフ

企画
原田光夫
脚本
長瀬喜伴樫村三平
監督
瑞穂春海
撮影
中川芳久
音楽
山内正
美術
仲美喜雄
照明
安田繁
録音
渡辺利一
スチル
柳沢英雄

ストーリー

銀座かいわいでは老舗のシダシべんとう屋の「べん金」の女主人らくは陽気でモダンなおばあちゃん。息子の大吉を立派な小説家にしたてようと毎日お稲荷さんに願をかけている。だかららくにとって「べん金」ののれんを大吉につがせる意志など毛頭もない。それというのも奥穂高で遭難した大吉の兄一郎の未亡人道子がかいがいしく「べん金」のいっさいをきりもりしているからでもあった。そこで大吉は毎日のように作家修業と称してはおじの新平と夜の銀座を社会勉強に余念がない。しかしそれはらくが娘時代に初恋をした作家長井仁風の夢を大吉に託している新平の妹らくへの思いやりからであった。小説家になるためのことなら、らくは何でもいうことをきくので二人はしばしば軍資金をねらっては新平のいきつけのバー「アルゴ」にかよった。銀座のぼんぼん大吉はその店で芙美という一風かわった、女給という職業などを感じさせない近代娘の彼女にすっかり熱をあげてしまう。しかし新平にそそのかされて、こんな事になったのを大吉は秘かに苦しんでいた。いくら親孝行とはいいながら、純すいな母の夢を裏切ることは彼にとってはつらかった。そして自分の意志などまったく無視して働く義姉の道子を何とかして新しく再出発させることを大吉は真剣に考えていた。特に兄の一周忌が近づいたある日、義姉が尾崎に秘かに好意をよせていることを知って、大吉は「ヨシ、俺はどうしても義姉さんを再婚させなければ」と誓った。それにはまず大吉自身が「べん金」の後つぎにならなくてはならない。彼は意を決して料理学校に入学した。そしてそのそばには芙美の懸命に勉強する姿があった。こうしてついにらくをくどきおとした大吉は道子と尾崎の結婚を認めさせた。尾崎がいるアメリカへ道子がたつ日、芙美の恋人石田が青い目のお嫁さんをつれて帰ってきた。大吉は芙美に彼の助手にならないかとすすめた。しばらくたって「べん金」を明るくきりもりする大吉と芙美の姿がみられた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。