日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

河内風土記 続おいろけ説法
カワチフドキゾクオイロケセッポウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年08月29日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

今東光の「河内風土記」を原作とする「河内風土記 おいろけ説法」の続編。脚色は前作と同じく椎名竜治、監督は「断崖の決闘」の佐伯幸三、撮影は「駅前団地」の遠藤精一。パースペクタ立体音響。

スタッフ

製作
三輪礼二
原作
今東光
脚色
椎名竜治
監督
佐伯幸三
撮影
遠藤精一
音楽
広瀬健次郎
美術
加藤雅俊
照明
下村一夫
録音
鴛海晄次
スチル
池上恭介

ストーリー

河内平野のはずれにある天台院の住職東吾和尚はお逮夜詣りも前任職の大学生信吉に任せて、よろず揉めごとを大岡越前守よろしく、粋に裁くものわかりのいい和尚で、ベストセラー作家だが、ちょっと助平なのが玉にキズ。しかし、村の風習として伝わる「太鼓かつぎ」から「女かつぎ」「シャモの闘鶏」にまで顔を出し、集落の人々にはなかなか人気がある。ところがある日、ストリップと女剣劇専門の山村栄三郎一座が、祇園神社の境内にテント劇場をたてたことから、河内の里においろけ旋風を捲き起こす珍事件が持ち上った。第一の被害者は、和尚の代理として檀家まわりに忙しい信吉で、セックスに悩む座長栄三郎の女房千鳥に誘惑され、大切な童貞をまんまと奪われてしまった。ブラシ工場の豚毛ブローカーで銀世界というシャモ飼主平馬は大のけちんぼだ。銀世界が道楽者の為吉が飼っているシャモの鬼河内との闘鶏に勝ち、意気揚々と帰る途中、お色気たっぷりの悦子に声をかけられ、女房お由の眼を盗んで浮気をするが、弁護士と称する悦子の情夫に慰謝料を請求されて青菜に塩だった。しかも松っあんがこの事件をお由に密告したので大騒ぎ。一方、鬼河内が敗れ、その賭金と借金のため家と地所を平馬に渡す羽目になった為吉は、栄三郎一座の三枚目勘次の金で救われた。勘次と、為吉の女房おつまは幼馴染である。小夜子というストリッパーの情婦がありながら、おつまに食指を動かした勘次は口説き戦法で思いをとげてしまう。河内の八尾の在、山の中腹に住む山伏の丹海は衰えた精力を挽回しようと、滝にうたれたり、マムシの肝からマタタビの塩漬と、夫婦生活円満のため涙ぐましい努力を続けるが、絶倫の女房お民には効き目がない。丹海から相談を受けた和尚は浅吉親分に事情を告げ、大阪にあるその道のお灸を教えた。丹海が大阪へ出かけた留守、滝を浴びにくる郊外電車の駅員三郎の若い肌に燃えたお民は、山小屋で関係を結んだ。その頃、男あさりの達人と異名をとる後家のおたねも、栄三郎一座の立役者富八郎と浮気をはじめ、この大熱演の前には町の若い衆、米吉、万太郎、七公の三人も我慢ができず、かねがね眼をつけていた千鳥の妹千種を「女かつぎ」して林の中で手ごめにしようとするが失敗。かくて、珍事件が続々と起きるが、東吾和尚の裁きですべて円満に解決。村中を騒がせた栄三郎一座は次の村へと向って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。