日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

縞の背広の親分衆
シマノセビロノオヤブンシュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年01月09日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Aces Wild  
上映時間
91分  

八住利雄の原作を、「「赤坂の姉妹」より 夜の肌」の共同執筆者・柳沢類寿が脚色し、「「赤坂の姉妹」より 夜の肌」の川島雄三が監督した喜劇。撮影担当は「第六の容疑者」の岡崎宏三。

スタッフ

製作
佐藤一郎金原文雄
原作
八住利雄
脚色
柳沢類寿
監督
川島雄三
撮影
岡崎宏三
音楽
松井八郎
美術
小島基司
照明
今泉千仭
録音
西尾昇
スチル
橋山愈

ストーリー

芝浦埠頭に立った黒眼鏡の男--これぞ傷害事件を殺人事件と早合点、ワラジをはいてブラジルへ逃避行を企て南米から十五年ぶりに戻った守野圭助、森の石松が金比羅代参の帰路大阪に遺した落胤の末裔、おおとり組の兄分でサイの手さばきは名人はだしという人物。故国の土をふんだ彼はまず、おおとり組の守り本尊お狸不動のお参りを思い立ったが、お狸不動は高速度道路の工事現場に化しているというさびれよう。そして、おおとり組も今や没落寸前、新興ヤクザの風月組に荒らされている始末。それを辛うじて支えているのは、死んだ大親分の女房で料亭・愛染亭を経営しているおしまと、蓮金院の住職・仙川浄慈の二人。浄慈は通称スモーキー・ジョウ、寺の住職ながら花札を扱わせては天下一、おしまの義理の娘で花売り娘をしながら風月組親分・風月三治の息子・シゲルの率いるチェリー組に対抗、銀座にシマを作ろうと意気込むビートガール万里子に惚れている。愛染亭を訪れた圭助は親分が遺してくれた縞の背広を着て親分の墓に詣で、おおとり組再興を誓い風月組とヤクザの意地を張り合うことになった。一方、大東京道路公団の尾形部長は高速道路建設で私腹をこやそうと、そのためお狸不動を利用しようとしていた。尾形は、風月組にお狸不動取り壊しの協力を頼み、一方では、おおとり組を中心に反対運動を起させようとした。つまり、地元の反対の火の手が高くなればなるほど上司に予算追加を求めることができるからだ。ところが親分の長男で万里子の兄にあたる良一が公団の設計技師で、ヤクザ稼業を真向から否定、お狸不動取りこわしを主張してゆずらない。この空気を反映して、おおとり組も一向に反対の気勢をあげない。困った尾形は、こんどは風月組におおとり組と手を結んでお狸不動取りこわし反対を騒いでくれという始末。立場を失った風月組の親分・三治は、それでも愛染亭へ行き、おしまと和睦しようとするが、言い寄ったとたん、おしまに痛めつけられて逃げ出す。一緒に行った乾分どもも、花札でジョウに負け身ぐるみはがされて帰る。ウラミを晴らさんとする風月組は、お狸不動の取りこわしに出かけるが、それも万里子が逸早く愛染亭に移した後で失敗。おおとり組は威信を回復した。おおとり組ではこれを祝って賭場を開いたが、警察にあげられる。圭助が責任者としてズラかることになり、再び彼は南米へ。彼に恋いするおしまを振り切って……。と、その後へ圭助の子と称する三人のハーフが現われ、おしまはびっくり仰天。その彼女を三人の子が笑っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。