日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不敵なる脱出
フテキナルダッシュツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年02月22日 
製作会社
第二東映東京 
配給会社
ニュー東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

江口隆彦のオリジナル・シナリオを、「海底の挑戦者」の相野田悟が監督したアクション・ドラマ。撮影は「台風息子 お化け退治」の内田安夫。

スタッフ

企画
川崎修英
脚本
江口隆彦
監督
相野田悟
撮影
内田安夫
音楽
只野通泰
美術
藤田博
照明
川崎保之丞
録音
鳥巣隆
編集
田中修

ストーリー

炭鉱をクビになって東京へ出て来た郁夫と橋本は職安に通った。そこで郁夫は、やはり職を探している朱実という娘と知り合いになった。郁夫は地下鉄工事のトラック運転士として職が決まった。朱実も喫茶店のウェイトレスとして働きはじめた。二人の仲は急速に近づいていった。そんな時、極道息子ばかりの外丸、水野、北村、エミなどクラブ・キャリオカを根城とする一味によって、外丸の二号である圭子のバー襲撃に、彼らのアリバイつくりのため郁夫のダンプカーが利用された。郁夫はエミの置き忘れたハンカチを証拠に、無実を証明しようと迫ったが逆に脅迫されて外丸組に入れられてしまった。表向は建設会社だが、外丸の父が実権を握る暴力団に近い会社だった。景品買い、恐喝、押売りと郁夫の生活は荒れてきたが、幹部の町田などに引き会わされ顔は売れてきた。そんな郁夫に外丸組の兄貴分健が何かと心を使っていた。健は以前、同じように外丸に利用されて世の中から転落させられた男で、郁夫の姿に昔の自分を見るような思いをしていた。一方、朱実の母親が北海道から上京、朱実を連れて帰ろうとしていた。郁夫と離れられない仲になっている朱実は、郁夫に十万円を都合してアパートに移ろうと提案した。ちょうどそんな時、建工省汚職に関連して罪の発覚を恐れた外丸は、郁夫に関係当局の課長殺害を命じた。そして、秘密を知っている朱実をキャリオカに呼び出し、体の関係をつけて味方につけようと計った。そんなことをしらない郁夫は、課長を呼び出し殺そうとした瞬間、健が飛びこんで来た。一切を知らされた郁夫はキャリオカへ飛んだ。後をつけて来た町田と健の一騎打ちは健の勝ちとなるが、健も重傷を負った。郁夫は朱実をかばって闘った。危機が迫った時、警官隊が駈けつけた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。