日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

犯行現場
ハンコウゲンバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
1960年11月09日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

阿部桂一のオリジナル・シナリオを、「襲われた手術室」の阿部毅が監督した刑事もの。撮影は「熱い砂」の宗川信夫が担当。

スタッフ

製作
中泉雄光
企画
塚口一雄
脚本
阿部桂一
監督
阿部毅
撮影
宗川信夫
音楽
池野成
美術
下河原友雄
照明
山口信経
録音
三枝康徐

ストーリー

殺人事件が発生した。被害者は福本道子、自分のアパートで刄物により一刺しにされていた。彼女は渋谷のキャバレーの女給だった。湯川慎一という男のあることが分った。慎一は姉の柾子と二人きりで、柾子が勤めて慎一の学資を出していたが、慎一は姉を嫌って家を飛び出していた。田舎からヤクザの親分になりたいと上京してきた吉井と住み、慎一も東西組のチンピラ仲間になっていた。吉井自身もひそかに道子にひかれていた。青山刑事らは、ジャズ喫茶で慎一を捕えた。道子の部屋の窓の下にあった足跡は慎一のそれと一致したが、彼にはアリバイがあった。第二の殺人事件が起った。被害者はソープランドの社長陳である。柾子の旦那なのだ。兇器は前の事件に使われたものと同じだった。慎一が再び捕えられた。吉井が一人で留守をしている慎一の部屋を捜査した結果、部屋から陳と同じ血液を検出した。慎一はアリバイのあることを主張した。ソープランドは、東西組の北見が社長として入った。温泉は表面上正式に買取った形になっていたが。慎一のアリバイは北見らによって証言された。第三の殺人事件が発生した。柾子が殺されて、川に浮かび上ったのである。刑事は、三度目慎一が捕えられる時、高額の金を持っていたことから陳を殺してさらに姉を殺した上、彼女の貯金を盗んだものと断定した。慎一が留置場の床を破って逃げた。捜査陣は慎一の捜査に飛んだ。彼が捕まるのは時間の問題だが--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/12/25]

映画情報を53件更新しました。

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。