日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

轢き逃げ族
ヒキニゲゾク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年10月08日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

樫原一郎の原作を、「俺の涙は甘くない」の星川清司が脚色し「犯罪6号地」の村山三男が監督したアクションもの。撮影は「あゝ特別攻撃隊」の渡辺徹。

スタッフ

製作
中泉雄光
企画
三輪孝仁
原作
樫原一郎
脚色
星川清司
監督
村山三男
撮影
渡辺徹
音楽
吉田矢健治
美術
高橋康一
照明
泉正蔵
録音
三橋真

ストーリー

買物偽りの老婆がトラックに轢き逃げされた。老婆の身詳は阪東部長刑事たちの手で、三年前解散した松島組の武男の母カネと分った。松島は刑務所を出たばかりで、行方が知れなかった。阪東は同僚の英一と松島を探しているうち、轢殺事件の背後に麻薬密売が代貸の平戸一味で組織されているのを知った。英一は阪東の娘・加代子と恋仲だった。が、加代子には刑事という職業が気にいらなかった。英一の弟・又兵衛は白バイの警官で、彼にも教員の玲子という恋人がいた。かつて松島の愛人だった理恵は、クラブ・サンブレロで歌手になっていたが、いまは平戸の情婦だった。松島の追求を恐れた平戸は、子分の丈治と図って松島を殺すことに決めた。カネと同じ手口で実行された。その夜ふけ、衛一は故障している平戸のベンツに出会った。平戸らは、不審な点を発見した英一を襲い、轢き殺した。又兵衛は轢き逃げ捜査班の刑事を志願し、平戸一味をさぐった。彼は、理恵と玲子が姉妹であることを知った。又兵衛は平口のアパートにふみこんだが、すでに遅く玲子は人質として丈治の手中にあった。麻薬のアジトはで警官隊に急襲され、平戸一味は逮捕された。玲子をのせ逃走中の丈治の車を、又兵衛の白バイが必死に追跡した--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。