日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

時の氏神 新夫婦読本
トキノウジガミシンフウフドクホントキノウジガミシンメオトドクホン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年10月18日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Wait for Tomorrow  
上映時間
74分  

菊池寛の原作を、「誰よりも君を愛す」の舟橋和郎が脚色し、「嫌い嫌い嫌い」の枝川弘が監督した明朗編。撮影「すれすれ」の秋野友宏。

スタッフ

製作
中泉雄光
企画
久保寺生郎
原作
菊池寛
脚色
舟橋和郎
監督
枝川弘
撮影
秋野友宏
音楽
加藤三郎
美術
間野重雄
照明
田熊源太郎
録音
飛田喜美雄

ストーリー

結婚十年、相沢英作はテレビの人気作家で収入もぐんと増した。浮気の虫がそろそろ頭をもたげて出たようである。昨年のこの冷戦を解消しようと、妻のぬい子は友人芳子の結婚式に夫を誘った。その夜、英作は二次会から泥酔して帰って来た。テレビ局の帰り、バーで気炎を上げる英作は、なじみの女給から、奥さんに恋人が出来たらどうします、と言われた。笑いとばした英作だったが、翌日はぬい子の行動が気になった。新調の服を着て出かけたぬい子は夜遅く帰宅した。二枚目の学生が書生を志願して来た。英作は断わったが、ぬい子の加勢を得て彼は押しかけ書生になってしまった。二人が新婚の杉本夫婦と麻雀に出かけたあとでは書生の夏雄が執筆に忙がしい。このミュージカル・コメディが大当りして、英作の名声は上る一方。夏雄が来てから景気がよくなったというので、ぬい子はサービスにつとめた。が、突然夏雄が求婚したので、ぬい子は一喝、彼をクビにした。安心して飲み歩いて帰った英作はあわてた。結婚記念日だというのに飲み歩く英作に、ぬい子は爆発した。スーツケースを下げて実家に帰ろうとした矢先、同じようなスーツケースを下げた芳子が泣きながら入って来た--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。