日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

十七才の逆襲 向う見ずの三日間
ジュウナナサイノギャクシュウムコウミズノミッカカン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年08月24日 
製作会社
第二東映東京 
配給会社
第二東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

「十七才の逆襲 暴力をぶっ潰せ」に続く十七才の逆襲シリーズの第二作。瀬川昌治と野々垣冴の脚本を、「十七才の逆襲 暴力をぶっ潰せ」のコンビ日高繁明が監督し、林七郎が撮影した。

スタッフ

企画
岡田寿之本田延三郎
脚本
瀬川昌治野々垣冴
監督
日高繁明
撮影
林七郎
音楽
石松晃
美術
下沢敬悟
照明
桑名史郎
録音
矢島一隆
編集
田中修

ストーリー

江東の下町--自動車修理工の秋夫と勝気で明るいユキは恋人同士。秋夫は会社のスト破りにまきこまれ、目下失業中。貧しいながらも若い二人は元気だ。ある日、二人は公園で財布を拾った。パトロールに泥棒と間違えられ逃げだし、ビルの中にある金原質店に逃げこんだ。そこで主人金原の死体をみた。目撃者は他にいない。警察に届けでても、泥棒の容疑を受けていてダメ、残る道は二人で犯人を捕えるだけだ。現場に落ちていたハンドバッグの持主で、ソープランドで働く志津子を二人は訪ねた。彼女は事件に関係なかった。秋夫とユキは質屋に戻った。そこへアヤという女から電話がかかってきた。事件の夜、アヤと金原は喫茶店メリーで会っていたらしい。メリーで二人はアヤを知っている島に会った。が、秋夫は金原の部屋の鍵をかけ忘れたのを思いだし戻った。そこには大東組のボス仙波一味が待っていた。仙波は五百万円の返済に困り、情婦アヤと共謀して金原を殺したのだ。秋夫は蔵に閉じ込められた。佐々木、田宮の両刑事が来たが、気がつかずに引上げた。一方、ユキも島ら仙波の子分に監禁されていた。ユキはスキをみて田宮に電話したが相手にされない。が、金原質店から押収したトロフィの中から仙波の借用書を発見、ただちに捜査に乗り出した。高飛び寸前の仙波は、秋夫とユキを屋上に連れ出した。危機一髪、秋夫は捨身のパンチを仙波に浴びせた。ユキは田宮に電話した。仙波一味は捕まった。秋夫とユキは手をとりあって、街の雑踏の中へ走って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。