日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

十七才の逆襲 暴力をぶっ潰せ
ジュウナナサイノギャクシュウボウリョクヲブッツブセ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年07月06日 
製作会社
第二東映東京 
配給会社
第二東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Fighting Horizon  
上映時間
74分  

寺田信義が自らの原作を脚色し、日高繁明が東映第一作として監督したアクション・ドラマ。撮影は林七郎が担当した。

スタッフ

企画
大賀義文
原作
寺田信義
脚色
寺田信義
監督
日高繁明
撮影
林七郎
音楽
西山登
美術
下沢敬悟
照明
桑名史郎
録音
矢島一隆
編集
田中修

ストーリー

サブはオートバイをかっぱらい、ハーフのクロを乗せて街を突っ走る。サブは姉の恵子と孤児院にいた。二人は岩下という男に拾われ成長した。二人の父は十三年前外国人バイヤー殺しで処刑され、母はそれを苦に自殺した。恵子は岩下の手下坂田の情婦になった。ある日、サブは酒好きの医師荒木と競輪場で予想屋の健一を喧嘩から救った。それが縁で洗濯屋の父健造と妹妙子を知った。健造は岩下の売春組織に入っていた。サブはオキャンな妙子に惹かれた。恵子も坂田の目を盗んで健一を恋した。みつかった恵子はリンチを受けた。健一は昔、坂田の子分で、健造もサブの父を逮捕した刑事だった。サブは何か秘密を感じた。外国人殺しは岩下一味の仕業だった。坂田はサブの命を狙った。ネジをゆるめられたオートバイに乗ったサブと妙子。が、奇蹟的に助かった。健一はすべてを恵子に告白した。坂田は恵子を殺した。これを知ったサブは立上った。その時、健一と妙子は坂田らに捕まった。健造は荒木に岩下の住所を知らせ、単身乗りこんだ。サブも荒木と後を追った。妙子は助かった。が、健造、健一は倒れた。岩下は坂田を殺し逃亡を計った。が、サブと警官隊に捕まった。妙子とサブは固く抱きあった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。