日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

吠えろ岸壁
ホエロガンペキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年07月06日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Marked for a Hero  
上映時間
74分  

「さいころ無宿」の大和久守正の脚本を、「殺られてたまるか(1960)」の若林栄二郎が監督したアクション・ドラマ。「第三の疑惑」の藤井静が撮影した。

スタッフ

企画
秋田亨
脚本
大和久守正
監督
若林栄二郎
撮影
藤井静
音楽
小沢秀夫
美術
田辺達
照明
森沢淑明
録音
広上庄三
編集
祖田富美夫

ストーリー

長沢組と茨組が沖仲仕たちの支配をめぐって激しく対立していた。一年ほど前流れこんできた健次は、今は長沢組の小頭になっていた。古株の広川は彼を恨み、寝返った。社長の長沢を殺し、健次の弟分三公をおどして健次を岸壁におびき寄せた。健次が、酒場ロックの女給ユキと婚約をした晩のことだった。健次と広川が対峙した時、銃声がひびき、広川は胸を射ぬかれ、健次も崖を落ちた。二人を射ったのは茨組の殺し屋井田だった。--それから二年。健次が波止場に立った。彼は密輸船に救われ、港に戻ってきたのだ。酒場ロックに行ったが、ユキの姿はなかった。波止湯は茨組一色に塗りつぶされていた。三公も逃げるように姿を消した。流しの道公が、広川を殺したのは健次だと三公が証言したといった。ユキの姉の梨恵も、ユキの所在については口をつぐんだ。梨恵は茨の情婦だった。茨は健次を殺すよう井田に命じた。道公の機転で危いところを逃れた。傷ついた健次を、道公の妹玲子が看護した。三公が溺死体となって波止場に浮かんだ。ようやく梨恵が口を割った。ユキは健次に操を立てようとして茨に殺されたのだという。茨は密輸船玄陽丸と麻薬の取引をすることになっていた。健次が救われた船だ。取引場所は茨組駐車場。健次に向かって井田一味の拳銃が鳴った。拳銃戦。梨恵が健次をかばった。彼女は井田の弾丸に倒れた。道公と警官隊が駈けつけた--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。