日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

悪魔の札束
アクマノサツタバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年07月20日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「俺から行くぞ」の甲斐久尊のオリジナル・シナリオを「大いなる旅路」の関川秀雄が監督したサスペンス・ドラマ。撮影も「大いなる旅路」の仲沢半次郎が担当した。

スタッフ

企画
根津昇
脚本
甲斐久尊
監督
関川秀雄
撮影
仲沢半次郎
音楽
富田勲
美術
進藤誠吾
照明
城田昌貞
録音
加藤一郎
編集
長沢嘉樹

ストーリー

島村は実直な米軍トラックの運転手、妻の礼子に洋裁店を開かせるのが夢だった。横須賀に向う途中、昔の同僚厚地が、ムリヤリに島村の車に便乗した。彼がオート・レースの売上げ金強奪の主領とは知らなかった。MPの検問に会い、厚地はバッグを置いて逃げた。帰宅してバッグを開けた島村は、四百万円の札束に驚いた。島村は金貸の宮本から返金を迫られ、警察に行く気持がにぶった。ある日、彼が下宿の子供四郎を遊園地に連れて行き怪我をさせてしまった。子供の治療費など金はますます離せない。厚地の脅迫は礼子にまで及んだ。彼女は夫の秘密を知らない。警察は共犯の芳夫、篠原を逮捕した。島村は遂に金に手をつけた。残金で礼子と故郷に帰る決心をした。礼子が新橋駅に金を預けに行ったとき、待伏せた厚地に捕まった。彼は島村の車を利用して東京脱出を企んだ。島村は妻の身を心配して指定の場所に向った。スキをみつけた島村は厚地の拳銃をはたき落した。激闘が展開し、礼子は警察を呼びに走った。その時、風が四百万の札束を吹き飛ばした。あわてた二人は後を追う。厚地は拳銃を拾い島村を撃った。パトカーがかけつけた。厚地に手錠がかけられた。玲子に抱かれた瀕死の島村の眼には涙が光っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。