日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

風小僧 風雲虹ヶ谷
カゼコゾウフウウンニジガタニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年03月22日 
製作会社
第二東映京都 
配給会社
第二東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
51分  

北村寿夫の原案から真弓典正が脚本を書き、仲木睦が監督した、風小僧こと山城新伍が活躍する時代劇。撮影・森常治。

スタッフ

企画
小笠原久夫
原案
北村寿夫
脚本
真弓典正
監督
仲木睦
撮影
森常次
音楽
吉田栄治
美術
前田清
照明
前田光秋
録音
平太郎

ストーリー

ばく大な財宝をもつ西之荘清典の荷駄陣が山路を行く。そこへ突如襲いかかった野武士の一隊。清典と護衛の八田睦斎、久太、玉緒らは縛りあげられた。しかしそこへ風の如く現われた風小僧は清典らを逃がしたが、自分は野武士の首領、神屋市兵衛の短銃のため、睦斎とともに崖下へ--。一命を助かった睦斎は、煙ヶ嶽城下で貿易商になりすましている市兵衛を見つけ、彼が煙ヶ嶽城の戦奉行・児井武平太と結託、西之荘の財宝を手に入れ、煙ヶ嶽城を我がものにしようと企んでいることを知った。ある日、野武士の一味が西之荘を襲い、清典を殺し、その子、紅太郎をさらっていった。一足おそく現われた風小僧に、清典は、宝物の在りかは六人の子のお袋に……と告げて息絶えた。一方、煙ヶ嶽の城主・小六は睦斎から市兵衛らの陰謀を聞き、直ちに部下をやったが市兵衛は姿をくらまし紅太郎も見つからなかった。しかし、同じころ児井武平太の邸へ忍びこんだ風小僧と睦斎は、そこに紅太郎を見つけ救出した。が、睦斎は捕われた。十五夜の宵、煙ヶ嶽城内で月見の宴が開かれた。武平太、市兵衛らは、この宴に熊祭りを披露するアイヌの一行に変装して忍び込んだ。熊をねらうアイヌの弓。熊は縫いぐるみを着せられた睦斎だった。そして武平太の合図で弓と、小六を狙う鉄砲が火を吹かんとしたとき、屋根の上から一斉に武平太一味に矢が放たれた。紅太郎、久太ら西之荘の武士たちだ。小六は斬りかかる武平太を倒し、紅太郎は市兵衛を斬った。虹ケ谷にかかった虹によって間もなく財宝は見つかり、小六と紅太郎に平和が来た。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。