日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

殴りつける十代
ナグリツケルジュウダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年04月05日 
製作会社
第二東映東京 
配給会社
第二東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Tell it to the Dolls  
上映時間
66分  

川内康範の原作を、原作者自身と武田知之が脚色、新人鈴木敏郎が監督した、姉弟愛を中心にした青春ドラマ。撮影は「警視庁物語 遺留品なし」の佐藤三郎。

スタッフ

企画
岡田寿之大賀義文
原作
川内康範
脚色
川内康範武田知之
監督
鈴木敏郎
撮影
佐藤三郎
音楽
福田正
美術
荒木友道
照明
原田政重
録音
内田陽造

ストーリー

史郎は高商三年の学生、歌とトランペットが達者だ。彼はテレビ・コマーシャルのタレントである姉の京子と二人きりの生活だ。彼女にはニッポン・レコードのプロデューサーの萱場という恋人がいた。史郎は女子楽団のコーチを依頼されピアノを弾く明子と知り合った。数日前、同級の向井に追い廻されているのを助けた女だった。向井は史郎に喧嘩を売った。史郎は腕を傷つけた。アルバイトをクビになりそうになったが芸能ブローカー熊本の口ききで無事治まった。熊本は以前から京子に目をつけていたのだ。史郎は京子の言うように堅気なサラリーマンになろうとし、就職試験を受けたが両親がいないという理由ですべて失敗した。一方、熊本の情婦である歌手の蘭子は京子の紹介でニッポン・レコードと契約した。蘭子との手切れをおそれた熊本は子分に史郎たちを襲わせた。明子が怪我をした。史郎は入院費を工面しなければならなかった。京子の許ヘ熊本から電話がかかった。五十万円で契約したいという。京子は事務所へ行った。史郎が後を追い、熊本に挑まれている京子を救い出した。やがて警官隊が来、熊本一味は逮捕された。--史郎はニッポン・レコードと歌手として契約した。テレビ初放送、史郎の歌を聞く京子と明子の頬には涙があった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。