日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

二度とないぞ青春は
ニドトナイゾセイシュンハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
1960年01月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67分  

中村定郎・芦沢俊郎・入江円の共同脚本を、「幸福の合唱」の池田博が監督した青春篇。撮影も同じく「幸福の合唱」の中島信雄。

スタッフ

製作
小梶正治
脚本
中村定郎芦沢俊郎入江円
監督
池田博
撮影
中島信雄
音楽
牧野由多可
美術
逆井清一郎
照明
高下享三
録音
田中俊夫
編集
大沢しづ

ストーリー

城北大学ラグビー部の池島亮一と、城南大学のラガー十時晴夫は、父親同士が親しかった関係で、兄弟同様に育った。亮一の父はすでに亡くなり、今は極東建設の重役をしている晴夫の父逸作の世話を亮一は受けていた。母が心臓を悪くし、入院費用として五万円ほどが必要になった。アルバイトを見つけ、前借りをさせて貰おうと決心した。ナイトクラブ「ブラインドサイド」の社長笹島が、城北の池島と知って亮一を照明係に雇った。ホステスのみゆきと知り合い、彼女の生き方に共感した。が、睡眠不足のために練習がおろそかになりがちで、コーチの二宮に叱咤された。ある夜、クラブの用心棒に制裁を受けていたみゆきを救おうとして、亮一は乱闘事件を起した。そして、それが新聞にスッパぬかれ、ラグビー部から身を引かねばならなくなった。亮一はみゆきから意外なことを聞いた。彼女らはコールガールであり、その組織を握っているのが笹島だと言うのだ。支配人の大滝が用心棒のグレン隊を集め、亮一の後を追わせた。自分たちの秘密を知られた以上、生かしておいては面倒だと考えたのだ。亮一が苦戦している時、ラグビー部の連中が駈けつけた--。翌日、ラグビー部は全員退部を申し出た。事情を聞いた部長は、亮一の復帰をも許した。間もなく、城北対城南のラグビー試合の日が来た。タイム・アップ寸前に、亮一の見事なトライが成って城北は城南を倒した。控室に引揚げた亮一に、晴夫の妹早苗が飛びついた。敗けた晴夫には、部のマスコット道子が寄りそった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。

[2020/12/25]

映画情報を53件更新しました。