日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旅情(1959)
リョジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年12月13日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
A Week in Hawaii  
上映時間
99分  

オール読物所載の菊村到の原作を、「海軍兵学校物語 あゝ江田島」の舟橋和郎が脚色し「実は熟したり」の田中重雄が監督したメロドラマで、ハワイ・ロケが行われた。撮影担当も「実は熟したり」の高橋通夫。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
藤井浩明
原作
菊村到
脚色
舟橋和郎
監督
田中重雄
撮影
高橋通夫
音楽
古関裕而
美術
後藤岱二郎
照明
柴田恒吉
録音
橋本国雄

ストーリー

杉田真弓はアメリカ本土からの帰途ハワイに立ち寄った。ハワイにはかつての彼女の恋人、三上俊一がいた。双葉流の家元として生花の海外紹介が目的で海を渡った彼女ではあったが、三上をたずねて立ち寄ったハワイがむしろ主なる目的地であったかも知れなかった。彼女のすべてを捨てた努力で双葉流は勢を得て来た。しかし今は、かつて彼女を失い失意のままにハワイに来た三上に会うことにただ心を傾けていた。報道陣の出迎えはにぎやかだった。しかしその夜三上は彼女の前に現われなかった。ハワイでの彼女の一週間が始まった。生花展を開くことになったデパートの社長が彼女に三世の日本娘浦辺純子を紹介した。純子の案内で行った酒場で真弓は酔った三上に会った。しかし三上は冷たかった。が、三日目、三上は真弓をホテルに訪れた。真珠湾、ハナウマビーチ、ヨットハーバーに二人の恋は激しく燃えた。翌日真弓は純子の生家を訪れた。しかし三上が純子の婚約者であることを知った時、真弓はどれ程驚いたろう。翌日、何も知らない純子が三上を紹介した。三上は真弓との恋を成就しようと言った。しかし純子をどうして裏切られよう。三上の告白を聞いて純子は声をあげて泣いた。生花展は成功だった。しかし真弓は淋しかった。真弓の深い恋を知った純子の苦しみも深かった。ハワイでの一週間は過ぎた。八日目の朝真弓の一人旅の姿がホノルル空港に見られた。誰にも知られず発とうという彼女の心に背いて、天候の急変で飛行機は出港をのばした。三上との別れの時間が残された。純子もかけつけた。純子の暖い心と俊一の激しい想いをあとに、真弓をのせた飛行機は静かに飛び立った。「さようなら、ハワイ、わたしの恋」ホノルルの灯が遠くかすんでいった--。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。