日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

特ダネ三十時間 第三の女
トクダネサンジュウジカンダイサンノオンナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年03月03日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Third Woman  
上映時間
58分  

警視庁物語に次ぐ新シリーズ、社会部記者ものの第一作。舟橋和郎のオリジナルシナリオを「警視庁物語 顔のない女」の村山新治が監督し、「森と湖のまつり」の西川庄衛が撮影した。

スタッフ

企画
岡田寿之園田実彦
脚本
舟橋和郎
監督
村山新治
撮影
西川庄衛
音楽
北野成
美術
北川弘
照明
銀屋謙蔵
録音
岩田広一
編集
長沢嘉樹

ストーリー

日本新聞の社会部デスク・谷村に一通の投書がとどいた。田宮洋子という若い女が差出人だ。兄・田宮滋の“学生殺し”の無実を訴えていた。事件は一昨年、横浜で起きた。学生竹井と派手なケンカをし、その帰途を襲ってペンチでなぐり、ベルトでしめ殺したという。すでに無期懲役に服している。事件後十日目にやっと、自供していた。谷村の部下・若手記者青木浩平はこの投書が忘れられなかった。美容院で働く洋子を訪ね、滋が自分から控訴を取り下げたことをきき、横浜刑務所の滋をたずねた。滋はよそよそしい態度で彼を迎えた。少年院出で、世間を憎んでいるふうだった。が、妹の悲しみを知らされると、泣きながら真相を話した。その夜、彼を襲ってペンチを奪った大男がちょうどきかかった竹井を殺したのだと。竹井は大男を知っているふうだったと。滋が偽の自供をした原因は、信じていた婚約者のチエまでが、自分との関係さえも認めず、不利な証言をし、絶望したからだった。例のケンカは、チエのアパートで竹井が酔ってからんできたが、相手にしなかっただけなのにという。チエはお針子から今はファッションモデルになっていた。充分に美しかった。彼女は滋が竹井にシットし殺したといった。男関係を洗うと、川崎という男がいることが判った。ダンスホールで、彼と踊っている現場をおさえ、写真を撮った。浩平は洋子の協力でチエと川崎に近づき、ついに川崎の腕に残る、事件の夜滋が噛みついた歯の傷痕をみた。彼が警察に連絡している間に、川崎はチエを連れて逃げ、高飛びをはかった。チエは冷たく、男から逃げようとした。川崎は怒り、チエのノドをしめた。非常線を突破できず、彼は捕った。--滋の出獄の日、チエのわびしい葬式が行れた。浩平はうつろな心でそれを見送った。俺の記者根性がこの女を殺したのか……。その気持をふりはらいながら彼は街の雑踏に消えた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。