日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

幸福な家族(1959)
コウフクナカゾク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年02月18日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
38分  

武者小路実篤の原作を、「人間の条件 第1・2部」「人間の条件 第3・4部」の共同脚色者・松山善三が脚色、「明日をつくる少女」の馬場当が潤色したホームドラマ。原研吉が久方振りに監督を、「明日をつくる少女」の森田俊保が撮影をそれぞれ担当した。

スタッフ

製作
桑田良太郎
原作
武者小路実篤
脚色
松山善三馬場当
監督
原研吉
撮影
森田俊保
音楽
加藤三雄
美術
梅田千代夫
照明
須藤清司
録音
堀義臣
編集
杉原よし

ストーリー

翻訳者として文学の分野に名のある仕事をもちながら、佐田正之助は下手な絵を描くことを好む男だった。彼には大学生の正蔵と、綾子という娘がいた。正蔵は友人の川上とともに、親友で事情あって刑務所にいる田方を助けるため、奔走していた。ある日正蔵は、田方の許婚者秀子から、職を探している友人の千津子を紹介された。継母のいる恵まれぬ家庭をもつ千津子は、淋しい心を外の生活でまぎらわそうとしていた。そんな彼女に、正蔵は心をひかれた。妹の綾子も、兄の友川上を心の中で愛していた。田方の弁護士料を支払うために、正蔵と川上の臨時の翻訳のアルバイトがはじまった。綾子はその原稿の清書をひきうけた。千津子の仕事をどうしても見つけることの出来ない正蔵は、彼女を父の絵のモデルにすることにした。正蔵と千津子、川上と綾子の、二組の男女の心は、だんだんと近づいていった。その頃千津子の家では、彼女の縁談が起っていた。父の上役の、のっぴきならぬ関係の人の所に、後妻として入れというのだ。弱い千津子にはそれをはっきりと断わることが出来なかった。父と継母は、彼女が正蔵とゆききするのを禁じた。正蔵の悩みは、父正之助と母の敏子を心配させた。綾子は、兄のために千津子に会い、彼女をはげまして、兄への彼女の愛情をたしかめた。正之助の家の居間に、彼の一家と、川上と千津子の顔がそろった。悩みや苦しみをそれぞれに持ちながらも、すこやかに育ってくれた子供たちに、正之助と敏子は感謝した。千津子の決心もきまり、やがて田方も有能な弁護士を得て、執行猶予になる見通しがついた。綾子も川上と結ばれるだろう。あいかわらず、好きな絵をかくことによろこびを見出している正之助は、自作のカンバスを前にして、妻の敏子とともに、夜の自室で感慨を分ちあうのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。