日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

赤胴鈴之助 どくろ団退治
アカドウスズノスケドクロダンタイジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年12月21日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

赤胴鈴之助シリーズの今回は第九部。脚色は前作「赤胴鈴之助 黒雲谷の雷人」の吉田哲郎・岡本繁男、監督は「月の影法師 消えゆく能面」の弘津三男、撮影は「執念の蛇」の竹村康和。前作から登場した桃山太郎に、阿部脩が新しく加わるほか、黒川弥太郎・林成年・美川純子らが出演する。

スタッフ

製作
酒井箴
企画
八尋大和
原作
武内つなよし
脚色
岡本繁男吉田哲男
監督
弘津三男
撮影
竹村康和
音楽
渡辺浦人
美術
神田孝一郎
照明
島崎一二
録音
奥村雅弘

ストーリー

赤胴鈴之助は祖父の仇の火京物太夫・岳林坊を追って火の岳山中にやってきた。両人に追いすがろうとした彼の前に、異様な風態の男たちが立ちふさがった。杖を待った白髪の老人・乾卜心斎と、獣に似た鉄人・風太郎である。武者修行中だという。卜心斎は話をきき、鈴之助に近道を教えた。残された風太郎の前に、二人の武士が現れる。青江玄蕃と嶋十郎太である。彼らは風太郎を江戸へ行こうとそそのかす。卜心斎こそ風太郎の父を殺した仇と血染めの陣羽織を見せる。血を見れば逆上する性質の風太郎は、卜心斎の後を追い、彼の娘美雪のとどめもきかず、彼を崖下に突き落した。--江戸に、怪盗“どくろ団”が出没するようになった。次々と豪商を襲うのだ。その首領は玄蕃であり、風太郎も一味だった。彼には捕方たちの刀も弓矢も通じなかった。町奉行の依頼を受け、千葉周作や竜巻雷之進が警戒にあたることになる。雷之進の稲妻斬りも、鉄砲組の射撃も、風太郎にはね返されてしまった。玄蕃は風太郎に周作が仇の一人だという。風太郎は千葉道場を襲い、周作とわたり合った。駈けつけた鈴之助が真空斬りを放つと、グラついた。そのとき、道場に身を寄せていた美雪が割って入り、風太郎をさとす。が、彼は駈け去ってしまう。--江戸見物に出た美雪を、どくろ団に加わった物太夫・岳林坊の知らせで、風太郎が連れ去った。玄蕃は彼女をオトリに鈴之助を倒そうと思った。鈴之助はどくろ団の本拠・廃墟の城塞に向った。途中、物太夫らから美雪を奪い返すが、風太郎は美雪が殺されたと告げられる。鈴之助が城の第一の扉をすぎたとき、風太郎が憤然として襲ってきた。鈴之助は風太郎のアキレスケンたる左胸元をつきあげ、危地を脱した。美雪の無事な姿を見て、風太郎はだまされていたことを知り、玄蕃たちに立ち向っていく。が、玄蕃の鉄弾が、彼の急所に当り、倒れた。鈴之助は真空斬りを放った。とたんに、第三の扉にしかけられていた巖石が崩れ落ち、自業自得、玄蕃らは下敷きになった。--卜心斎親娘の山への旅立ちを、鈴之助は周作たちといつまでも見送ったという。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。