日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ドジを踏むな
ドジヲフムナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年09月16日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67分  

樫原一郎の昭和刑事物語『恐喝』よりの映画化で、「花嫁三重奏」の若尾徳平が脚色、「昭和刑事物語 俺にまかせろ」の日高繁明が監督したアクション・ドラマ。撮影も「昭和刑事物語 俺にまかせろ」の小泉福造。「ロマンス祭」の小泉博・有島一郎に、「奴が殺人者だ」の中田康子などが出演している。

スタッフ

製作
宇佐美仁
原作
樫原一郎
脚色
若尾徳平
監督
日高繁明
撮影
小泉福造
音楽
池野茂
美術
安倍輝明
照明
大沼正喜
録音
藤縄正一

ストーリー

新任の佐渡ケ島勘兵衛刑事は古風なその名前とは似ても似つかぬ美青年。ある日、先輩の布目刑事の命令で、沢井という家に行った。沢井の息子・努の愛犬ペスが何者かに空気銃で射殺されたというのである。勘兵衛は目撃者である酒屋の店員・新助から一応の話を聞き、さらに努の姉圭子と逢ったが、なぜか彼女の態度は冷たかった。勘兵衛はその足で沢井の事務所を訪れた。金融業の看板をかけている沢井は一瞬ギクリとしたが、勘兵衛が帰った後、そこには赤新聞の社長芝川と鉄砲昌というヤクザが現れた。芝川は密輸の首謀者で沢井の金に目をつけ彼を探っていたのだ。犬殺しは単なる誰かのいたずらか?雲をつかむような気持の勘兵衛は飲屋おとめで布目刑事と話すうち、そこへ入ってきたマリという歌手を知った。彼女は相愛の男を朋輩に奪われ自棄になっていた。酔ったマリは勘兵衛を連れバー・エトワールへ行った。そこには鉄砲昌らヤクザ連中がマダム・ミキと飲んでいた。ミキは芝川の情婦で彼の差し金によりマリと相愛の沢井を色仕掛けで仲間に引きずりこんだ女である。女性二人の間にさっと険悪な空気が流れ、勘兵衛はミキをかばうヤクザたちを見事のしたが、そこへ入ってきた山健という与太者に遮ぎられ表へ出た。その後へ芝川が現れ、昼間刑事が沢井家に現れ、鉄砲昌が射った犬のことを調べにきたとヤクザたちに話した。不安に駆られた昌は翌日、沢井家の庭へ証拠になる弾丸を探しに出かけたが女中に発見され、それを勘兵衛に報告された。しかも努が弾丸を発見し、それが去年、葛飾にあった殺人の弾丸と同じものと分った。やっと事件の目鼻をつけた勘兵衛は単身、芝川一味のもとへ乗込んだ。折しも芝川は莫大な金を巻上げようと沢井父子を誘拐し、密輸の頭目の前へ連れ出していた。現場に到着した勘兵衛は芝川一味と対決したが周囲から迫る敵に危地に陥った。が、このとき突然、勘兵衛を助けたのは山健で彼は当局が潜入させていた刑事だった。勘兵衛らは遂に一味を捕えた。沢井家にも明るさが甦り、マリと沢井の結婚も決った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。