日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

非常線(1958)
ヒジョウセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年04月09日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Cordon of Police  
上映時間
93分  

「どろんこ天国」の共同脚色者の一人沢村勉のオリジナル・シナリオを、「おしどり駕篭」のマキノ雅弘が監督、同じく三村明が撮影したアクション・ドラマ。出演は「娘十八御意見無用」の高倉健、「緋ざくら大名」の故里やよい、菅井一郎、森美代志、堀雄二、岡田英次、藤田進、十朱久雄、千秋実ら。

スタッフ

企画
渾大防五郎光川仁朗
脚本
沢村勉
監督
マキノ雅弘
撮影
三村明
音楽
大久保徳二郎
美術
進藤誠吾
照明
入江進
録音
加瀬寿士
編集
祖田富美夫

ストーリー

華やかな港祭りに街はごったがえしていた。事件はその街の片隅のホテルに始まる。ホテルの掃除夫の清之助は、息子の千代太の帰宅を心待ちにしていた。その恋人夏子も来ていた。前科のある千代太が就職できたお祝いなのだ。が、帰って来た千代太は意外にも悄然としていた。そして、帽子を紛失してきたことに気づいた彼は、探しに再び出ていったが--。街々の祭提灯には灯が入り、にぎやかな踊りの行列が流れ始めた。だが、地下のキャバレーではダンサーがストライキを起して、支配人の相良は慌てていた。間もなく、千代太が自殺未遂の葉子という女を救けて帰って来た。と、そこに、三人の刑事が紛失した帽子を証拠にその夜起った銀行ギャングの容疑者として彼を捕えに来た。しかし、千代太は無罪を主張し瞬時の隙を見て闇の中に姿を消した。葉子の父牛島は娘の行方を気にしていた。葉子が自殺を図ったのは、父の悪事を知り彼女の潔癖が、それを許さなかったからだ。牛島は密輸をはじめとする暴力団のボスだった。その頃、ホテルの人のいない各部屋には札束が投げこまれた。清之助は千代太の仕業と早合点した。人々は得体の知れぬ札束を抱いて、ホールに集まり乱痴気騒ぎに興じていた。葉子を探していた牛島が千代太を見つけて発砲した。清之助は重傷の千代太をかくまい、夏子に一目逢わせようとした。真犯人が捕ったと知らされたのはそれから間もなくだったが、千代太には時すでに遅かった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。