日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

がっちり若旦那
ガッチリワカダンナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月09日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

「抱かれた花嫁」の共同脚本執筆者の一人、光畑碩郎のオリジナル・シナリオを渋谷実門下の菱田義雄が昇進第一回作品として監督した明朗篇。撮影は「女の足あと」の長岡博之。主演は「集金旅行」の伊藤雄之助、「黒い河」の渡辺文雄、「花くれないに」の中川弘子、清川新吾、桑野みゆき、「恋して愛して喧嘩して」の朝丘雪路。

スタッフ

製作
佐々木孟
脚本
光畑碩郎
監督
菱田義雄
撮影
長岡博之
音楽
池田正義
美術
芳野尹孝
照明
小泉喜代司
録音
新楠元
編集
杉原よし

ストーリー

轟パンの若社長、信一郎は、不況を乗りきるため、工場の隣接地を買収し、ジャム工場建設を図っていた。それにはやもめの父の十兵衛を、隣接地の地主花子というばあさんと“政略結婚”させるのが一番いい。十兵衛はキャバレーの歌手フルフルに迷っていた。見合の当日、花子にゾッとしない十兵衛は家出してしまった。困った信一郎は弟の英二を連れ、そのキャバレーへ女に会いに行き、手を切らせようとする。その日、フルフルは休み、店の衣裳係の葉子が代演していた。信一郎らの詰問に、葉子はとまどうばかりだった。フルフルのアパートでは十兵衛が二十万円をねだられていた。亡き妻にそっくりなので、十兵衛は全く弱いのだ。十兵衛の病気ということで、見合はごまかしたが、花子の一人娘明美が病気見舞いにやってきて、大騒ぎになった。英二は明美と仲良くなり、十兵衛を家に連れかえるのを条件に、ガッチリの信一郎から金をせびっては、二人で遊び廻った。十兵衛は二十万円の調達に一時、帰宅したが、信一郎にニベもなく断られ、また家出した。しょんぼり帰ってきた十兵衛に、フルフルは金がなければ、もう用がないと、弟と称する男と寝室に消えてしまった。十兵衛は、娘ヒサ子と恋仲の轟パン社員松下の下宿へ転りこみ、長期抗戦の気構えである。信一郎は父を探しにフルフルのアパートへ行き、そこで葉子が人違いであったことを知る。信一郎を好きになった葉子は彼を家へ招き、家庭の楽しさを悟らせた。花子がヤキモキして、上京してきた。信一郎は工場をあきらめ、花子にすべてを話して、縁談を断ろうとする。その時工場大事と、十兵衛が見合に応じに帰ってきた。父子は和解し合った。結局、英二と明美が結婚を宣言したので、両家は縁続きとなり、土地問題も解決した。十兵衛は花子と茶飲み友達になった。--教会から信一郎と葉子、明美と英二、ヒサ子と松下の三組がウェディング・ベルに送られて出て来た。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。

[2020/12/25]

映画情報を53件更新しました。