日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

笑え勘平より 消えた短剣
ワラエカンペイヨリキエタタンケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年10月22日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
A Disappeared Dagger  
上映時間
54分  

東京タイムズ他地方九紙に連載された今日出海の『笑え勘平』を原作に「富士に立つ影」の小川正が脚色、「鯨と斗う男」の津田不二夫が監督した明朗篇。撮影は「青い海原」の西川庄衛。主演は「爆音と大地」の波島進、「逢いたいなァあの人に」の今井俊二「鯨と斗う男」の小宮光江、それに神楽坂浮子、月村圭子。

スタッフ

企画
原伸光
原作
今日出海
脚色
小川正
監督
津田不二夫
撮影
西川庄衛
音楽
大久保徳二郎
美術
北川弘
照明
城田昌貞
録音
加瀬寿士
編集
長沢嘉樹

ストーリー

深夜、桐原雨声の邸に覆面をした一人の怪漢が侵入、宝石と金を奪って去った。翌朝、雨声は容疑者として挙げられた勘平を首実検したが、彼が犯人だとは思えなかった。庭に落ちていた短剣を届けにやって来た娘の香枝子はかえって勘平に好感を抱いた。証拠不十分で帰宅を許された勘平は、婆やから父の太平が外国から短剣を買って来、それを弟の正彦にやったことがあるとの話を聞き、飛び出していた家の敷居を久し振りにくぐった。しかし正彦は不在だった。ようやく探りあてたダンス喫茶を訪れ、短剣の行方を正彦にただしたが今は不良仲間に入っている正彦は口を割らなかった。熱海で倒れた太平を見舞った勘平は香枝子と一緒に東京行の二等車に乗った。その時、前の二等車から車掌が「強盗だッ!」と駈けこんで来た。とっさに横のデッキから飛び降りる正彦の姿を見た勘平は直ちに後を追った。首領ロペスが金を持ち逃げしたので、正彦を共謀と思いこんだ乾分たちは、正彦に百万円を請求したのだ。正彦がこれを断っているところへ勘平が駈けこみ、一味と大乱闘となった。勘平が拳銃をつきつけられあわやと思われた瞬間、刑事が駈けつけて乾分達は脱兎のごとく逃げ出した。「兄さん」と呼ぶ正彦の眼には、涙が光っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。