日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

穴(1957)
アナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年10月16日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Lady Has No Alibi  
上映時間
102分  

「東北の神武たち」の久里子亭の脚本にもとづき同じく市川崑が監督したロマンティック・コミック・スリラー。撮影は小林節雄。主演は「夜の蝶」の京マチ子、船越英二、山村聡、川上康子、「真昼の対決」の菅原謙二。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
藤井浩明
脚本
久里子亭
監督
市川崑
撮影
小林節雄
音楽
芥川也寸志
美術
下河原友雄
照明
米山勇
録音
渡辺利一

ストーリー

有能な美人記者北長子は、鳥飼巡査から聞き出した材料で、猿丸警部をモデルにした汚職警官の記事を書いて、文芸公論を馘になった。悲観している長子に友達の赤羽スガが、長子自ら一カ月間この世から失踪して、そのルポルタージュを書き、その長子を探す懸賞募集というプランを、雑誌社に売りこめとすすめた。長子は週刊ニッポン社と契約して、スガの紹介で第億銀行の白州に資金を借りに行った。白州は部下の千木や六井と共謀して、自分たちの預金横領の犯人に長子を仕立てようとたくらんだ。ある日、長子は例の記事のために、警官を免職になり千葉に帰って私立探偵になるという鳥飼に会った。失踪完遂の前日、変装した長子は白州をたずねた。そこではからずも、長子の替玉の中村竹子のいることも、白州たちの悪事も知った。そのあとで六井をたずねると、六井は何者かに殺害され、妹のふき子に犯人と間違えられた。猿丸警部は六井殺しの犯人が長子であるらしいと捜査を始めた。長子は鳥飼のところに、事件解決の協力を頼みに行った。千木は長子の味方をよそおって、偽せの長子に会わせるといって、彼女をおびき寄せようとしたが、長子は事前にそれを察知した。一足先に竹子に会い、そこで荷物の預り証の三分の一を手に入れた。またふき子の所からも残りを探し出して、あずけた荷物を横取りしてみたが、中味は現金ではなく新聞紙であった。長子は白州のところに行って、荷物の一件を話しているとき、しのびよった千木のために白州は射殺された。しかし千木は北海道に高飛びする寸前に捕えられた。そして観念した千木は捜査室の窓を破って飛降り自殺した。長子と鳥飼は失踪成功の賞金で、東京に法律事務所を開く相談をするのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。

[2020/12/25]

映画情報を53件更新しました。

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。