日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

坊ちゃん大学
ボッチャンダイガク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年09月01日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
College Boys  
上映時間
58分  

小説の泉所載、淀橋太郎の原作を「青い海原」の中田竜雄が脚色し、「南蛮寺の佝僂男」の斎藤寅次郎が監督、「鯨と斗う男」の星島一郎が撮影した。主演は堺駿二、益田キートンのお笑いコンビに加えて新人佐原広二と月村圭子が抜擢されたほか、「青い海原」の三条三紀、ベテラン杉狂児、桜むつ子、キングの歌手若原一郎、音羽美子など。

スタッフ

企画
小笠原久夫福島通人
原作
淀橋太郎
脚色
中田竜雄
監督
斎藤寅次郎
撮影
星島一郎
音楽
原実
美術
田辺達
照明
銀屋謙蔵
録音
大谷政信
編集
住吉久良蔵

ストーリー

宮原クリーニング店の二階に間借りしている桂木健太郎と野茂三平は、城北大学の学生で、桂木は柔道部のキャプテン、野茂はバイトのキャンデー売りだが、無二の親友同士。ある日、商売に出かけた三平は、照夫という名の坊やをつれて帰ってきた。遊んでいるうちに迷子になってしまったのだが、それは三平にも責任があるというのだ。とにかく桂木と相談のうえ、親が見つかるまで一緒に暮すことに決め、店の娘夏子に照夫の面倒を頼み込んだ。そのころ、照夫の家も大騒ぎ。母文江は、ある事件で未決に入獄中の夫の無罪が決まるまではと、照夫を叔母のお咲夫婦に預けて芸者に出ている。お咲から、照夫がいなくなったと電話があったのは、ちょうど大嫌いな大島という玩具工場の社長から身請け話を切り出され、困りきっているところであった。手をつくして探した結果、ようやく居所が判ったのは翌日のことで、文江はさっそく宮原クリーニング店を訪ねた。桂木が美しい婦人と応待しているのをみて、桂木を好きな夏子の心はおだやかでない。それから数日後夏子の妹春子は、恋人の一郎と遊園地でランデブーしていたが、桂木が照夫を挟んで文江と仲むつまじく観覧車に乗っているのを発見、家へ帰って逐一報告したから、夏子はますますオカンムリだ。そんなある日、照夫が大島工場の空地で遊んでいると、工場から投げた花火の爆発で大怪我をした。桂木は大切な試合を明日に控えていたが、すぐに輸血を申し出た。その帰り、こんどは文江の危難を救うために大島の乾分と渡り合い、負傷してしまった。試合の当日、不利な条件にも拘らず敵校の主将を大外刈りに破った桂木が、勝利の歓声に包まれているころ、大島社長は花火の密造がバレて検挙され、さらに翌日の新聞は、文江の夫矢代が無罪と判って晴れて出所したことを報じた。豊島園の池に、矢代が、文江と照夫をのせたボートのオールを握っていた。その後に桂木と夏子、一郎と春子のボートがつづく。そして最後に三平のひとりぼっちのボートが……。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。