日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大当り三色娘
オオアタリサンショクムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年07月13日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

昨年の「ロマンス娘」につづく美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの三人共演によるミュージカル。東宝スコープ第一回作品である。(東宝スコープ--画面比率タテ一対ヨコニ・三五、パースペクタ方式による立体音響)原作を“平凡”連載の中野実の「三色娘」にとり「山鳩」の井手俊郎が脚色、「忘却の花びら (完結篇)」のコンビ、杉江敏男が監督、完倉泰一が撮影した。主演は「おしどり喧嘩笠」の美空ひばり、「ロマンス誕生」の雪村いづみ、山田真二、「続サザエさん」の江利チエミ、「わが胸に虹は消えず (二部作)」の宝田明、江原達怡。ほかに若山セツ子、若原雅夫、草笛光子、伊豆肇、飯田蝶子など。色彩はイーストマンカラー。

スタッフ

製作
杉原貞雄
原作
中野実
脚色
井手俊郎
監督
杉江敏男
撮影
完倉泰一
音楽
神津善行
美術
村木忍
照明
金子光男
録音
渡会伸

ストーリー

日本舞踊のお師匠さん兼女中のエリ子は、主人の小島家夫人に頼まれて、夫人の弟宏とエリ子の親友ミチオとを見合いさせることになった。ミチオは作曲家と歌手の夫妻の板倉家で好きな音楽の勉強をしながら、やはり女中をしているのだった。見合いの当日、片想いだったミチオに、晴れて会えるとハシャギ過ぎた宏は、鼻の頭を蜂に刺され大騒ぎ。そこでエリ子は下宿している学生京須をピンチヒッターに起用。一方、宏の身替りとは知らぬミチオは、宏だと思い込んだまま京須に夢中になってしまった。彼を好きなのはミチオばかりではない。ふとした縁で京須の引越しを手伝った岡田邸の女中トミ子も、彼に首ったけである。エリ子も論外ではない。そして、この三人の娘の頭の中では、それぞれ京須と一緒に唄いそして踊る楽しい幻想が繰展げられるのであった。そんなある日、トミ子は叔父の計いで、罐詰屋の息子吉岡と見合いをさせられたが、京須に魅かれている彼女はもちろんこの話を断った。吉岡もお義理でした見合だったが、明朗活溌な彼女をいつしか好きになってしまった。その頃、宏は自動車事故で足を骨折し入院したが、ミチオが見舞に来て、京須のことを宏と思い違いしていたが矢張り本当の宏さんの方が好きと打明けた。そこへトミ子と吉岡がお揃いで見舞に来た。お見合い以来、二人もすっかり仲良くなってしまったのだ。三人娘の巻ぞえをくった京須は嫌気がさして、エリ子が涙を浮べて引止めるのも聞かず下宿を引越してしまった。--エリ子の舞踊発表会の日、トミ子と吉岡、ミチオと宏の二組のカップルが仲よく姿を現わしたが、京須だけが来てない。しかし、ハネて帰ろうとする廊下でエリ子はぱったり京須に出会った。かくして、三組のカップルは三人娘の朗らかなコーラスに乗って目出たく結ばれたのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。