日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嵐の中の抱擁 おもかげは遥かなり
オモカゲハハルカナリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年06月25日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

「暴力の波止場」の富田義朗のオリジナルシナリオを、「炎の氷河」の穂積利昌が監督。撮影は「母と子の窓」の西川亨。主演は、「土砂降り」の岡田茉莉子、「花は嘆かず(1957)」の川喜多雄二「情痴の中の処女 天使の時間」の菅佐原英一、「婦警日誌より 婦人科医の告白」の七浦弘子。ほかに草間百合子、十朱久雄、北竜二、槙芙佐子など。福田公子と改名した尾上さくらも出演している。

スタッフ

製作
保住一之助
脚本
富田義朗
監督
穂積利昌
撮影
西川亨
音楽
万城目正
美術
逆井清一郎
照明
磯野春雄
録音
妹尾芳三郎
編集
浜村義康

ストーリー

画家津山勝也は、妹孝子の友人殿村美津子と相思の仲であった。ところが、勝也と孝子の面倒をみている伯父、商事会社社長の津山健三は、娘のナホミと勝也の結婚を望んでいた。一方、美津子も寄宿先の叔父大井正彦から、義理にからまれて或る縁談を強制されていた。勝也と美津子は、強く愛し合いながらも、この相剋に悩んでいた。しかし、悩みがあるのはこの二人だけではない。勝也の親友で、ダム工事の技師をしている木本も、秘かに美津子を慕っていた。孝子は、この木本を愛しているのだが彼の心が美津子に寄せられているのを知り、心に傷手を受けた。そんな或る日、美津子の亡父の墓参の帰途、勝也と美津子は激しい雨に、田舎宿で一夜を明かした。その夜将来を固く契った二人は、やがて生木を割かれるように離されてしまった。勝也が叔父の命令で渡仏しなければならなくなったのである。残された美津子は孤独な日々を送っていたが、そんな彼女を慰めるのは、今は孝子と結婚した木本であった。ところが或る日美津子は叔父の家から突然姿を消してしまった。勝也の子を宿した彼女は、自活の道を選んだのだ。一方、パリで画の勉強をしていた勝也は、ふとしたことから無実の罪で警察に捕えられたが、釈放後行方不明となり、自殺を伝えられてきた。勝也の子を育てながら、彼の帰りを待っていた美津子は愕然とした。それから歳月は流れ、彼女は木本夫妻のもとに、子供勝雄とともに身を寄せていた。孝子は、長い間病いの床に臥せていたが、木本と美津子の看病も空しく、或る日昇天してしまった。今は、木本と美津子と勝雄の三人暮し。しかし、彼女は勝也の死がどうしても信じられないでいた。予感は的中した。ある嵐の夜、ダムを襲った豪雨に、各所で崖崩れを生じ、木本の家も倒壊した。逃げ遅れた美津子はその下敷になったが、それを救い出したのは意外にも勝也だった。吹き荒ぶ嵐の中の再会。だがその喜びも、続いて起った激しい崖崩れのために、吹飛んだ。美津子を守ろうとした勝也は、あっという間に崖下へ呑まれてしまったのだ。その翌朝、重傷を負った勝也は、勝雄がわが子と知り、苦しい息の下で親子の対面をした。しかし、美津子の必死の祈りもかなわず、勝也は静かに息を引取ってしまった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。