日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ふるさとの灯台
フルサトノトウダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年06月25日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
50分  

漁港を背景にした恋愛メロドラマ。山田克郎の原作により「東京よいとこ」の池上金男が脚色、新人の原田治夫が監督、撮影は「永すぎた春」の渡辺公夫。主演は、「哀愁列車」の川崎敬三、藤田佳子、見明凡太朗、「永すぎた春」の北原義郎、ほかに夏木章、田端義夫。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
久保寺生郎
原案
山田克郎
脚本
池上金男
監督
原田治夫
撮影
渡辺公夫
音楽
加藤光男
録音
飛田喜美雄

ストーリー

幼馴染で恋人の香枝が待ち侘びる故郷の漁港に、発動機船天洋丸の船長健吉は久振りに帰って来た。二人は未来の幸福の設計を語り合う。そこへ網元マルハの息子新太郎が幼馴染健吉を歓迎しようとやって来るが、二人の姿を見てそっと引返した。彼もまた香枝を愛していたのである。その日、健吉の友だちで燈台員良太の部屋で天洋丸一同の帰港祝いの宴がはられた。香枝はいそいそと健吉に寄添って楽しそうだった。宴が終り一同が帰った後で健吉と香枝は、もう一度今夜海の湯で逢う約束をした。湯上りで上気した香枝が健吉を待っていると彼女を探して新太郎が駈けて来た。天洋丸の乗組員が健吉の知らぬ間に仲買人と手を組んで不正を働いたので、怒った網元マルハの漁師たちが押しかけ大喧嘩になったというのだ。そして、健吉は乗組員をかばってそのまま天洋丸で港を出たという。その夜香枝が思案に暮れていると燈台の岸辺に船を寄せた健吉が忍んで来た。彼は必ず帰って来るといい残して去って行った。それから一年、ある日、天洋丸の乗組員の一人が香枝を訪ねた。そして、天洋丸が北海道で時化に遭い、助かったのは自分一人だけだと知らせた。香枝は凝然として立ちすくんだ。そんな彼女を新太郎は優しく慰めた。それから時が流れて、健吉はとうとう帰って来なかった。今は全てをあきらめた香枝は、新太郎の結婚の申込みに頷いた。その結婚式の日。花嫁を迎えに来たマルハの船と入れ違いに、巡航船が船着場に着いた。そして、その船から死んだと思われていた健吉が降りて来た。彼は外国船に救われたので、そのまま抑留されて連絡がとれなかったのだ。その彼を見つけた良太は香枝と新太郎の結婚のことを話した。今ならまだ間に合う、という良太の言葉に彼は、真崎健吉は北海道で死んだ。いまここにいるのは裸一貫の男さ、と寂しく笑い、香枝の幸福を祈るように、去り行く迎え船をじっと見送るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。