日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

「動物園物語」より 象
ドウブツエンモノガタリヨリゾウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年04月09日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67分  

「憎いもの」に続く東宝ダイヤモンドシリーズの第五弾。戦争中上野動物園長代理だった原作者福田三郎の実話『動物園物語』より、動物達が戦争の為にいかに不幸な惨禍を蒙ったかを世に訴える感動篇。かって名作「馬」を発表した山本嘉次郎が自ら脚色し監督する。撮影は「この二人に幸あれ」の小泉一。主な出演者は「とんちんかん 八百八町」の榎本健一、「続御用聞き物語」の小林桂樹、「忘却の花びら」の安西郷子、ほかに本間文子、堺左千夫、堤真佐子、河内桃子、小杉義男など。

スタッフ

製作
宇佐美仁
原作
福田三郎
脚色
山本嘉次郎
監督
山本嘉次郎
撮影
小泉一
音楽
渡辺浦人
美術
北辰雄
照明
横井総一
録音
渡会伸

ストーリー

B29による東京空襲が次第に激化してきた或る日、集団疎開で信州へ行くことになった谷中小学校の生徒が、宮沢先生に引率されて象のトンキーにお別れを言いに来た。しかし上野動物園では餌の不足と空襲時における動物の処置に窮し、猛獣を毒殺することが決定した。トンキー係の善さんにはとてもできないこと。飼育課長の東に頼んだが、仙台の動物園に送るという案も実現しなかった。利口なトンキーは毒の入った食物をうけつけないので絶食方法をとった。トンキーの悲しそうな眼をみて、善さんは悪いとは知りつつ自分の家から芋をもち出して与える。しかしその甲斐もなく憲兵に射殺されてしまった。善さんは名古屋動物園の象係が、象を殺すなら自分も殺してくれと言っていることを聞き、今更に自分の弱さを感じる。瞼になつかしいトンキーの顔が浮んでくる。しかしそれも空襲のサイレンにかき消されてしまう。帝都大空襲の最初の日、昭和二十年一月二五日であった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。