日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不良女学生
フリョウジョガクセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年04月09日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
64分  

若い世代の清純な恋愛感情を、混迷した現代風俗の中にとらえた田村泰次郎の原作を、「拳銃を捨てろ」の植草圭之助が脚色し、「大江戸喧嘩纏」の佐伯清が監督した。撮影は「恐怖の空中殺人」の西川庄衛。主な出演者は、「鳳城の花嫁」の中原ひとみ、「喧嘩社員」の今井俊二、「米」の中村雅子、ほかに宇佐美諄、園ゆき子、小宮光江、三条美紀、十朱久雄、高橋昌也、岡田敏子など。

スタッフ

企画
光川仁朗
原作
田村泰次郎
脚色
植草圭之助
監督
佐伯清
撮影
西川庄衛
音楽
小杉太一郎
美術
田辺達
照明
元持秀雄
録音
加瀬寿士
編集
祖田富美夫

ストーリー

富裕だが冷い家庭に育った修二は温い愛情を求めていたが洋裁学院に通う若鮎の様な美知子に惹かれ、今日もその帰りを待っているが、銀座の洋裁店でバイトしている彼女は修二の誘いをうけつけない。店へ出た彼女は偶然、マダム亮子の不倫を目撃する。アパートへ帰った美知子は、相棒の冴子がアメリカ留学の資金かせぎに学院を止めてバーに勤めることを聞いて驚く。翌日、マダムの留守中パトロンの木谷が訪れ、美知子に無理矢理に小遣を握らせる。修二からスキーに誘われていた彼女はフッとその気になる。白一面のスキー場、友達の真弓が過って溪谷へ転落。修二は真弓を美知子と共に長い雪径を町まで運んで手当てする。そんな修二に美知子は次第に好意をもってくる。我る日修二は誕生祝に彼女を招待したいと父に話すが父の無理解に家をとび出す。彼の訴える心情にうたれた美知子はアパートで心尽しのお祝をする。しかし踊りに行ったホテルで、彼が心荒んでいた頃、過ちを犯した女に「恋人泥棒!」と罵られる。翌日、いつかの不倫を見られたのではないかと疑心の亮子は昨日の欠勤を理由に美知子をクビにしてしまう。修二は仲直りを申出たが傷心の彼女には通じなかった。合宿練習を終えて帰京した修二はアパートを訪れたがその頃美知子はバーで酔客の相手をしていた。帰り途、偶然木谷の車で送られるが、強引に部屋に入った彼は本性を現わす。窓に映った二人の争う姿に修二が馳けつけた時倒れた木谷の後には血だらけの洋鋏を握った美知子の放心した姿があった。参考人として出頭した修二は美知子の正当防衛を主張し、大人のずるさを叫ぶ。己れの名誉に汲々としていた父も始めて修二の純心さに目覚める。そして二ヶ月がたったある晴れた日、釈放されて出てきた美知子は笑顔の修二に暖かく迎えられるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。