日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

とんちんかん 八百八町
トンチンカンハッピャクヤチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年02月25日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
58分  

「らくだの馬さん」に続く珍妙捕物篇。舟橋和郎の脚本、石原均の監督、藤井静の撮影とスタッフは変りなし。出演者もひき続き同じ顔ぶれで、榎本健一、中村是好、益田キートン、月丘千秋、藤里まゆみ、それに新人の大川恵子が顔を出し、このほか泗水成一、東京撮影所の「おとぼけ半ダース」が一枚加わる。

スタッフ

企画
依田一郎
脚本
舟橋和郎
監督
石原均
撮影
藤井静
音楽
山田栄一
美術
森幹男
照明
銀屋謙蔵
録音
小松忠之

ストーリー

江戸八百八町を騒がした怪盗紫頭巾を見事捕えた三河町の伴七親分は今しも祝いの真最中。そこへ慌しく飛込んで来たのは老輔三田屋の中番頭定吉。血染めの矢が軒裏に刺さっているという定吉の言葉に伴七は子分の金太を連れて三田屋へ。主人の茂兵衛夫婦と娘のお絹、大番頭六兵衛らの話を聞いた伴七は、その晩は三田屋へ泊る。その夜お絹の酌で伴七は一杯やりながら、彼女の「金のために薄ノロの男に嫁がねばならぬ」という話に大いに発奮する。ところが夜も更けて、お絹の部屋で丁稚の一人が殺される。現場には首と胴が離れた男雛だけ。金太は雛の箱の蓋に文字数行を発見する。伴七は謎解きを金太にまかせ自分は街へ出るが、事件の夜以来姿を昏ました定吉を見つけ、後を追う。とある長屋で想い女お蔦と楽しむ定吉を番所に引立てる。一方、伴七の家では金太が箱書の謎解きに一心不乱。ひょんなはずみに夫婦雛の首の中に十万両の財宝の隠し場所を書いた図面のあることを読みとった。そこでまだ盗まれていない女雛をおとりに犯人を捕えようと伴七は頭をひねる。定吉が捕って事件解決と思った三田屋では賑かな酒盛りを始めたが、その夜伴七はお絹の部屋に雛壇を作り、問題の女雛を飾る。雛壇の毛せんの下には金太がかくれる。お絹と伴七が捕物マンボを踊っている時、果してお絹の部屋に黒い影。金太の呼子に伴七が取押えたのは何と大番頭の六郎兵衛。十万両はお絹の手に渡り彼女は嫌な男と結婚しないですんだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。