日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

男の牙
オトコノキバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年03月20日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

「相馬の唄祭」の鈴木兵吾と「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の本山大生のオリジナル・シナリオを同じく「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の倉橋良介が監督、服部幹夫が撮影を担当したサスペンス・ドラマ。主な出演者は、「雲の墓標より 空ゆかば」の田村高廣、日活から移籍松竹初出演の名和宏(「妻恋峠」)、「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の嵯峨三智子、「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の山鳩くるみ、「女だけの街」の水原真知子、「りんどう鴉」の高野真二。ほかに石黒達也、森美樹など。

スタッフ

製作
杉山茂樹吉村寛之
脚本
鈴木兵吾本山大生
監督
倉橋良介
撮影
服部幹夫
音楽
田中正史
美術
川村芳久
照明
蒲原正次郎
録音
川北武夫

ストーリー

五年前、ヤクザの義理で親分古城が犯した白川殺しの罪を罪をかぶって入獄した黒沼清は、網走刑務所を看守を殺して脱獄、いま妻の光江と入獄後生れた清一に一目会いたく故郷大阪に潜入した。鉄格子の中で侵された結核の清の身には十万円の懸賞金さえかかっている。ネオン瞬く大阪。その片隅には、新人作曲コンクール審査発表を明晩に待つ弟の勉。それに今は足を洗って清の留守宅の面倒を見る弟分の北村真吉。白川の妹で、清を兄殺しの犯人と信じ古城の世話をうけるミュージックホールのスター通子などがいる。彼女は、また真吉とは相愛の間柄。厳重な警戒網を突破して清は我が家に着く。ところが眼を患う清一を抱え、生活苦にやつれた光江を見て憤然、古城の言葉を信じていただけに怒りも強く早速古城の邸へ乗込む。だが奸智にたけた古城は清一が光江と真吉の間にできた子供だと騙し清をけしかけて、彼が真吉を殺すことによって通子を自分のものにしようと計った。その頃真吉の家に通子が来ていた。彼女は古城から離れ真吉にすがろうとしていたが、真吉の妹芳子は頑として通子を受入れなかった。それというのも、通子と古城の関係から兄に災いのかかるのを防ぐためと、彼女自身、通子の兄の仇である清の弟、勉を愛していたからだ。さて翌日の六時、通天閣の屋上で、光江と真吉に会った清は古城にそそのかされた通り、案の定、真吉に飛びかかった。清は事情の分らぬまま真吉と激闘に応ずるが警察を恐れて姿を消す。ところが、その清は帰宅した光江の前に姿を現わす。矢庭に光江の喉をしめつけるが、勉の言葉に初めて妻の愛情を覚り、今度は自分を欺いた古城の邸へと走る。一方、家へ戻った真吉も、通子と、彼女の心情を察して和解した妹の二人の姿を見て喜ぶが、それも束の間、光江の知らせで古城邸へ行く。邸内に清は拳銃で古城を追いつめ、五年前の殺人事件の真相--古城が実は清を殺そうとして通子の兄白川を殺したことを聞く。意外な事実に、清は遂に古城を倒す。しかし、この時サイレンの音。警官隊に囲まれた清は、真吉に「懸賞金で清一の眼を……」の言葉を残して倒れる。自らのポケットの携帯ラジオが、勉の作曲コンクール入選を伝えるうちに。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。