日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

駅馬車襲わる
エキバシャオソワル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年02月20日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

“キング”連載、村上元三原作、“雪騎士”の映画化。北海道の荒野を舞台に青年新聞記者が活躍する恋愛活劇篇。脚色は「恐怖の空中殺人」の高岩肇、監督は「君を愛す」の田中重雄、撮影は「滝の白糸(1956)」の長井信一。主な出演者は「続・銀河の都」の根上淳、高松英郎、「スタジオはてんやわんや」の品川隆二、「誰かが殺される」の川上康子、「編笠権八」の近藤美恵子、「いとはん物語」の矢島ひろ子、「続・銀河の都」の南左斗子、小堀明男、ほかに見明凡太朗、石黒達也など。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
塚口一雄
原作
村上元三
脚色
高岩肇
監督
田中重雄
撮影
長井信一
音楽
米山正夫
美術
仲美喜雄
照明
山口信経
録音
三枝康徐

ストーリー

明治も初期の北海道は利権屋や山師の群が狼娘のごとく雲集する殺伐の地であった。その頃東京のT新聞記者伴野勝馬は、偶然通り掛った石井藤七の邸で起った殺人未遂事件の巻添を食ってしまう。事件の内容は、かねて北海道開発に尽力しつつも、開拓吏庁の権力をかさに着た石井藤七の悪企みにひっかかり、ある漁場で利権から多数の死傷者まで出した事件の首謀者として投獄されたことに始まる。私憤と公憤に怒り立った友之丞は、仮出獄の日に藤七を襲ったのだった。だが直ちに警察に捕えられた友之丞は、汚名をそそげぬ無念さに歯がみしつつ、娘品子に見守られて病死した。この頃、北海道の新聞記者が主催した北海道の乱状を訴える演説会も藤七の雇った暴力団に襲われた。勝馬は持前の正義感から、問題の地へ取材に向ったが、札幌に向う駅馬車が小樽の監獄を脱走した囚人達に襲われ、同乗の藤七の腹心の官史が殺され持っていた政府の土地払下許可書が奪われる事件が起きた。囚人の中に、父の汚名をそそごうと藤七を狙う友之丞の息子千代蔵がいた。札幌で、開拓使庁首席書記として着任早々懐柔策に出た藤七を拒絶した勝馬は、芸妓姿の品子を見出す。彼女も身をやつして藤七をうかがっていたのだった。料亭を出た勝馬は、千代蔵をみつけ忠告しようとしたが、追われる身の千代蔵は逆に斬りかかる。勝馬は負傷しつつも、友之丞を神のごとく慕うアイヌの酋長ヱラマンテの許へ身を潜めろと助言して逃す。許可書を失った藤七はヱラマンテのアイヌ集落を、脱獄囚隠とくを口実に占拠しようと企てた。これを知った勝馬は、千代蔵の恋人チプを伴い集落へ急行したか、集落は巡査に包囲の上、火がかけられていた。千代蔵を探す勝馬の前に現われた藤七は、勝利は俺のものだと銃口をつきつける。だが間一髪、千代蔵の狙撃で藤七は倒れた。駈けつけた巡査らの発砲の中に、千代蔵は品子を頼むと勝馬に言い残し、チプと相抱きつつ激流の中に姿を没して行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。