日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

信号は赤だ
シンゴウハアカダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年01月22日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
46分  

探偵作家島田一男が“面白倶楽部”に書いた同名小説から「かんかん虫は唄う」の吉田哲郎が脚色、新人渡辺実が第一回監督にあたる都会スリラー篇。撮影は「銭形平次捕物控 まだら蛇」の牧田行正。主演者は「母白雪」の勝新太郎、「あばれ鳶」の林成年、「一夜の百万長者」の若松和子、春風すみれ、「君を愛す」の北原義郎、ほかに伊沢一郎、千葉登四男、浜世津子、藤間大輔など。

スタッフ

製作
武田一義
企画
溝口勝美
原作
島田一男
脚色
吉田哲郎
監督
渡辺実
撮影
牧田行正
音楽
高橋半
美術
中村能久
照明
島崎一二
録音
長岡栄

ストーリー

流しのギター弾き相川三郎はバスガールの妹佐枝子とアパートに住んでいる。佐枝子は婚約中の警官三田と近々、坪内警部補の仲人で結婚することになっていたが、準備金はやくざ出入りで負傷した三郎の治療に使い果されてしまった。責任を感じた三郎は、彼の恋人みつるのバーの常客である星村が莫大な報酬を約束した仕事を引受けようと決意、みつるの忠告も退け、大金入手を折に堅気になろうと考えた。翌日、命じられた通り三郎は駅構内で千春という女のトランクをすり変えたが感付かれ、小型のルノーで逃げる後を千春と仲間の出原がクリーム色のシボレーで追う。スピード違反と二つの車を追ったパトロールカーの三田、足立両巡査は、道端のルノーに運転手の射殺体を発見、俄然この乗客が問題となる。身の危険を感じた三郎は重いトランクを荷物預り所に一時預けとしたが何者かの妨害で受け取れぬままバーに赴き、星村や松岡という男から引渡しを迫られる。だがチッキは紛失していた。そのチッキはアパートの入口で三田が拾い佐枝子に手渡す。坪内はルノーの乗客を三郎と確認、赤いトランクの中には莫大な金塊があった。金塊密輪団の暗躍と色めきたった捜査本部は三郎を指名手配。千春、出原らと星村、松岡らの両密輸団は共に三郎を探す。捨てばちの三郎は約束の報酬を警察への自首と引換えに受取るや、一味の裏をかき無事脱出。後を追う密輸団一味は、みつるに偽の手紙を出して三郎の許におびき出し、賀茂河原で殺害しようとしたが、シボレーの後を尾行した三田や坪内のため逮捕された。三郎は微罪を約束され新出発を心から誓った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。