日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

或る夜ふたたび
アルヨフタタビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月08日 
製作会社
歌舞伎座 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

「たけくらべ」を監督した五所平之助が「こころ」の長谷部慶次と共同で脚本を書いた、五所監督の本年度第一回作品である。撮影は「嫁ぐ日」の宮島義勇。主な出演者は、「婚約三羽烏」の佐野周二、「銀心中」の乙羽信子、「ホガラカさん (二部作)」 の野添ひとみ、「唄祭り 江戸っ子金さん捕物帖」の北原隆、「足のある幽霊」の坂本武、「警視庁物語 魔の最終列車」の千石規子、「嫁ぐ日」の若山セツ子など。

スタッフ

製作
内山義重
脚本
長谷部慶次五所平之助
監督
五所平之助
撮影
宮島義勇
音楽
芥川也寸志
美術
久保一雄
照明
田畑正一
録音
岡崎三千雄

ストーリー

パチンコ機械製造会社に勤めていた志田文三は、連発式廃止で失業した。暗い顔の文三、それに引換え妻あき子は明るく、変らぬ表情を示していた。そんな時、姪の初美が大阪から上京、文三は一層いらいらするが、あき子は初美と意気投合、東京見物をしようと言う。失業の身で、と文三は妻を責めるが、あき子は夫の就職が決るまで結婚前に勤めていた旅館に再び女中に出るから安心して下さいと励ますのだった。別居生活へ一時の別離を惜しんで二人は温泉旅行を計画するが、それを聞いた初美は、友達の病気に一万円貸してくれと頼んだ。文三がその申出を断ると信頼を裏切られた初美は失踪した。淋しく終った温泉旅行--翌日から、あき子は女中に出た。文三は連日、職安に通ったが思わしくなく、加えて泊り客に度度接する妻への嫉妬に心は焦るばかりであった。ある夜、あき子が突然行方を昏ました。客との逢引かと噂は乱れ飛び文三は愛を確かめようと、あき子を探したが、そこで得たのは、妻がかつて木場の問屋で、米山という老婆と狂人の息子の世話になっていたという意外な過去であった。疑惑に満ちて帰宅した文三の前に、相変らず笑顔のあき子が帰って来ていた。文三の職が見つからぬので働くために、友達のいる千葉で子供をおろして来たのだという。米山の所を逃出したのも、育てられた義理で狂人と結婚しなければならぬ奴隷的立場から、人間として生きて行こうとした為であったことを打明けた。あき子と文三は子供をおろしに行くことを相談しなかった事で喧嘩した。だが、愛するため、生きて行くための苦しさ--文三も理解した。「今日から再出発だ!」文三の強い言葉に二人は新しい人生を踏み出した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。