日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

霧の音
キリノオト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年11月21日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

相愛の男女が、三年目ごとの中秋名月に、信州高原の山小屋に再会を約しながら、遂に結ばれることなく終る愛情の悲劇。北条秀司が新国劇のために書下した戯曲から「祇園の姉妹」の依田義賢がシナリオ執筆、「母を求める子ら」の清水宏(1)が監督する。撮影は「折鶴七変化 (前後編)」の相坂操一。主な出演者は、「裸足の青春」の上原謙、「月形半平太(1956)」の木暮実千代、浜世津子、「午後8時13分」の藤田佳子、「愛の海峡」の川崎敬三、「弥次喜多道中」の江島みどり、他に柳永二郎、坂本武、見明凡太朗、浦辺粂子、浪花千栄子のヴェテラン陣。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
辻久一
原作
北条秀司
脚色
依田義賢
監督
清水宏
撮影
相坂操一
音楽
伊福部昭
美術
神田孝一郎
照明
伊藤貞一
録音
大谷巖

ストーリー

日本アルプスを望む信州の山小屋。仲秋の月の出を待つ幸福そうな三人連れは、新婚の娘悠子とその夫八木正男を伴った老植物学者大沼一彦の一家である。一彦の胸に十年前の思い出が蘇る。昭和二十二年秋、東京の喧騒と婦人運動に熱中する妻を嫌って、この山小屋で植物採集に専心する少壮の一彦の身辺には、若く美しいつる子が働いていた。彼女は家政婦として大沼家に入ったが、孤独な一彦との間に、いつしか愛情が芽生えた。だが、その幸福は突如山小屋に現われた妻勝代によって破れた。つる子との仲に冷い疑惑の目を注ぐ妻に一彦は激怒、勝代は山を下りた。つる子も、子まである一彦の家庭を破壊することを恐れ、秘かに山を下る。それから三年。同じく仲秋名月の山小屋に十四歳の悠子を背負い一彦が訪れた。山小屋はクラブになっていた。一彦はその年の春、勝代を亡くし、つる子の面影を慕って来たのだ。同じ山小屋の離れでは土地の牧場主源吉が芸者達を連れ酒盛りを開いていた。それは源吉が惚れている一代という芸者に迫られての月見だった。一代とは、その後田舎町の芸者となったつる子であった。しかし突然の悠子の発病で一彦は急遽下山、運命は二人を逢わせなかった。それからまた三年。三たび仲秋名月の夜、一彦は悠子を連れて山小屋を訪れた。悠子は、そこで知合った八木とその後結ばれたが、一彦は再会した源吉に彼の妻を紹介された。それはつる子であった。総てを知った二人は黙するのみ。一彦は彼女の幸福を祈って下山した。また三年仲秋名月の夜、四たび一彦は山小屋に来た。が、そこで知ったのは、つる子の死。幸福そうな娘夫婦をよそに、孤独に耐え切れぬ一彦は月の光を含んだ霧の中で嗚咽した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。