日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若いお巡りさん
ワカイオマワリサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年11月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
64分  

上野坂下交番を中心に若いお巡りさん達が描き出すユーモアとペーソスの物語。雑誌“傑作倶楽部”所載の小鹿あい子の原作を中久保信成と鷹取常武が共同脚色、「娘巡礼流れの花」の森永健次郎が監督、同じく山崎安一郎が撮影を担当。主な出演者は「甲武信嶽伝奇 (三部作)」の名和宏、中川晴彦、歌手の曽根史郎、「肉体の密輸」の美多川光子、「感傷夫人」の宍戸錠、その他安部徹、天草四郎、東美恵子など。

スタッフ

製作
児井英生
原作
小鹿あい子
脚色
中久保信成鷹取常武
監督
森永健次郎
撮影
山崎安一郎
音楽
利根一郎
美術
佐谷三平
照明
高島正博
録音
古山恒夫

ストーリー

新米巡査の健吉は公園内で光モノ犯人を逮捕。その頃、交番では山口君が本署から、交番備えつけの自転車を盗んだ犯人を逮捕したから出頭せよと大目玉。成程、自転車置場には影も形も。同僚の鈴木君も弱った。今までの点数稼ぎもフイ、山口君の巡査部長昇級試験もオジャンだ。これは若い健吉君に責任を取ってもらおうと、チャッカリ鈴木君の名案。さりとは知らぬ健吉君は犯人連行で意気揚々だが、この話に情にもろい彼は、上役のためならと組長の山村巡査にも黙って本署へ。幸い今度だけは目をつぶろうといわれホットする。そこで再びパトロール。上野駅で家出娘千代を補導しようとしたが、娘は絶対に帰らないと宣言、弱って一時、知り合いの“平楽”へ連れて行って頼む。翌日の昼ともなれば山口君、鈴木君は落着かない。毎日山村巡査の美しい娘京子が弁当を持って来るからだ。京子が来ると交番内は急に陽気。今度の誕生日に健吉さんをお招きしましょうという京子に鈴木君はアウト。彼女が帰るとニコヨン風の男が悪いことをしたと飛び込んで来る。実は食うや食わずで、切羽詰っての刑務所入り志願。人情もろい高松巡査は、百円恵んでやる。ある晩、健吉の許へ郷里の恩師から便り。感傷的になった健吉は、果ては京子の写真に見入り、曽根巡査に冷かされる始末。翌日は京子の誕生日、家庭的な雰囲気に、もしもこんな人と暮せたらと健吉の胸は熱くなる。恩師桜井先生上京の日、健吉は心中しかけた母子を救った件で表彰され、交通係に昇進。喜び勇んで山村家へ報告に行くが、京子の縁談が決ったと知り、ショゲこんでしまう。帰途、再び包みを抱えた千代に対面、彼女は故郷へ帰って孝行するという。健吉は貰ったばかりの金一封を手渡して激励し心機一転、又もや職務に励み出す。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。