日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アチャコ行状記 嫁取り試験
アチャコギョウジョウキヨメトリシケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年12月19日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
58分  

老下男アチャコが若旦那の縁談を廻り演ずるお笑い騒動。館直志の“怒るおつるさんと笑うおばはん”より、「お初の片恋」の若尾徳平が脚色、「金語楼のお巡りさん」の青柳信雄が監督、同じく西垣六郎が撮影を担当する。主な出演は、「恋すれど恋すれど物語」の花菱アチャコ、「お初の片恋」の扇千景、「遠山金さん捕物控 影に居た男」の本郷秀雄、「ロマンス娘」の三好栄子、「青春の音」の藤間紫、宝塚の小原新二など。

スタッフ

製作
山本紫朗
原作
館直志
脚色
若尾徳平
監督
青柳信雄
撮影
西垣六郎
音楽
林二郎
美術
北猛夫清水喜代志
照明
下村一夫
録音
鴛海晄次

ストーリー

大阪郊外、銘酒醸造元北林商店の社長北林は、長女清子、長男良吉と二人の子持ちだが先年妻を亡くしてやもめ暮し。店に五十年から勤める下男源造と下女おぶんが煙たくて仕方がない。しかもこの老人二人は若い頃、結婚まで話が進んだのが源造の浮気でオジャンとなり、以来めっぽう仲が悪い。北林には後添えの話があるが、彼は料亭“いかり”の女将とよ子との間に、一女とし子まである仲なので返事を渋る。ある日、支配人岡村から、とし子が病気で清子の恋人小池が勤める病院に入院したという知らせ。見舞に行った北林は病室の係小池と出くわし逃げるように去る。小池の疑念にも父親を信頼する清子はプンプンである。喧嘩別れした小池は、その後北林家へ出向いた折、とし子を退院の際迎えに行った岡村と顔を合わせ疑念は深まるばかり。彼から事情を聞いた源造は岡村をつるし上げ、事の次第を知るや主人が商用で留守なのを幸い、“いかり”の雇い人に化けて、とよ子の素性を見極めにかかる。一方おぶんも話を知って同じく“いかり”へ女中に住込む。二人はおとよの欠点探しに懸命だが、予想は見事に外れ、二人の気持もほぐれてくる。そこへ北林が旅先から“いかり”に帰ってくる。顔をかくして接待する二人は旦那のいたわりに感動、お互の心に温かいものが始めて通い出す。小池と清子が仲良く“いかり”の父を訪ねた頃、二人は手を取り合って国許へ皆の幸福を願いつつ去っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。