日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

力道山 男の魂
リキドウザンオトコノタマシイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年08月29日 
製作会社
協同プロ 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

若槻繁が新たに設立した“若槻プロ”と“滝村プロ”“力道山プロ”の三プロダクションが組織した協同プロ作品で独立プロ初の総天然色映画。菊島隆三の原案から「与太者と若旦那」の須崎勝弥が内川清一郎と共同で脚本を書き、「暴力の王者」に次いで内田清一郎が監督したプロレスもの。撮影担当は「疾風!鞍馬天狗」の岡崎宏三。主な出演者は「力道山物語 怒涛の男」の力道山、「紐育秘密結社」「中共脱出」などに出演しているハリウッドスターであり、レスラーやレフリーを兼ねるマイク・マズルキ、現全欧選手権者ラッキー・シモノビッチ、「ロマンス娘」の森繁久彌、江利チエミ、「朱と緑」の岸恵子、「恋すれど恋すれど物語」の宮城まり子、「新婚第一課」の中田康子、ファッションモデルのへレン・ヒギンズなど。色彩はイーストマン・カラー。

スタッフ

企画
滝村和男
製作
若槻繁篠勝三
原案
菊島隆三
脚本
須崎勝弥内川清一郎
監督
内川清一郎
撮影
岡崎宏三
音楽
大森盛太郎
美術
北川恵笥
照明
下村一雄
録音
長岡憲治

ストーリー

子供達に人気のある力道山は、今日も海辺で戯れていた。しかし力道山を暴力の権化の様に嫌う白井先生は子供達を連れ去った。そして力道山がサイン入りのポートレートを高く売りつけたと怒るのだった。犯人末松マネージャーを、力道山は一時馘にした。自棄になった末松は酒屋“たる”で力道山を罵倒したのでかえって客達に騒がれ酒屋の主人吾助から絞られた。損害賠償を払いに“たる”へ来た力道山は、ファン達からサイン攻めにあった。やがて濠洲選手ウィリー・トムソンとの試合が行われ、八百長をやろうと言う相手を、力道山はやっつけてしまい、白井先生達は誤解を解いた。ところが力道山と遊んだ子供俊彦が、友達光夫の空手チョップで傷ついたことを知って病院へかけつけた力道山は“小父さんも空手チョップを使わないから”と諭す。その頃殺人と異名あるマックスが来日、西半球選手権のタイトルを賭けて決戦することになった。一方海外を荒すギャングの首領ジャックが基地周辺の利権問題からボス須磨と対立し、その解決をタイトル試合に賭けたのだ。マックスに賭けた須磨は彼がやがて失明することを知り「リキを殺せ、失明後はひきうける」とおどし一方力道山に向つては負けろと命じた。試合の日、マックスの再三の反則に、敢然と闘う力道山は遂に彼を倒した。満場を圧す拍手にリングに立った力道山の背に拳銃が向けられた。しかし発射と共にマックスが倒れる。マックスは己が非を悔いながら息をひきとった。白々と夜が明ける頃、力道山はスポーツの敵に怒りをこめ“俺はやるぞ”と誓うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。