日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ねんねこ社員
ネンネコシャイン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年07月25日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
44分  

独身純情社員に、実はかくし子がいた。そこで会社中が大騒動になるといった喜劇。原作はロマンス所載の川原久仁於。脚色は「娘の修学旅行」の高橋二三。監督は「弾痕街」の斎村和彦。撮影は「屋根裏の女たち」の秋野友宏。主な出演者は「魔の花嫁衣裳 (前後篇)」の北原義郎、「屋根裏の女たち」の八潮悠子、倉田マユミ「雑居家族」の二木てるみ、その他潮万太郎、岡村文子など。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
原田光夫
原作
川原久仁於
脚色
高橋二三
監督
斎村和彦
撮影
秋野友宏
音楽
大久保徳二郎
美術
柴田篤二
照明
柴田恒吉
録音
三橋真

ストーリー

クイーン化粧品の女課長原文枝にはオールド・ミスの身を心配した叔父笹山専務から縁談があるが、彼女は青年社員板垣平介に好意を感じている。だが平介は専務秘書谷山加代子と恋仲。二人がトリス・バーで気焔をあげた帰途、泥酔した平介は車中で赤ん坊を拾う。車掌や交番の荒川巡査にも若い父親と勘違いされ赤ん坊を抱いてアパートに戻ると急用で帰郷した管理人の小母さんの子供富子まで押しつけられている有様。平介は常々子供が出来ぬと嘆いている会社の小使権田夫婦に赤ん坊を託す。この頃文枝課長は乳幼児用薬剤のポスター作成でモデルの赤ん坊探しに一苦労。結局、権田夫婦のあやしていた赤ん坊に決まったが、平介が抱いてきたと判り加代子は呆然。専務から、幼児の世話も大変だし文枝と再婚しないかなどと言われて平介は冷汗の連続である。荒川巡査の戸籍調べで平介の無実は判明。しかし彼は幼児二人を抱え途方にくれるばかり。この頃、赤児をつれて家出した妻信代を探し当てた夫木島は、坊やは捨てたと聞いて大あわて。一時は平介を難詰した加代子も彼に気取られぬよう赤子の面倒を見るようになり、これを知った文枝は笹山に結婚申込み取消しを宣言。平介、加代子らとテンヤワンヤの処にポスターで坊やの所在を知った木島夫婦が駈けこむ。平介は無事、加代子と結婚できることになる。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。