日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

満月あばれ笠
マンゲツアバレガサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月14日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Swords of The Underworld  
上映時間
83分  

侍世界の矛盾に反抗した青年武士が遊侠の群に身を投じつつも真実一路に生き抜かんとする山手樹一郎原作の映画化。脚色は松本憲昌と八束基が担当、監督は「剣法奥儀 秘剣 鷹の羽」の内出好吉、撮影は「おしどり囃子」の松井鴻。主な出演者は「異国物語 ヒマラヤの魔王 (三部作)」の東千代之介、「忠治祭り 剣難街道」の田代百合子、「父子鷹」の長谷川裕見子など。

スタッフ

企画
田口直也
原作
山手樹一郎
脚色
松本憲昌八束基
監督
内出好吉
撮影
松井鴻
音楽
小沢秀夫
美術
塚本隆治
照明
福田晃市
録音
武山大蔵

ストーリー

直参旗本織部主膳は、巳が権勢を張ろうとする美濃部山城守の奸計でお役御免となった。一子信太郎は七年の処払いを宣せられたが上意書を破り捨て、武家社会の醜さを嫌い家を出た。六年後信太郎は今はやらずの勘八と名乗る旅烏に変り果て、甲州路にさしかかっていた。甲州勝沼の宿は勝沼三右衛門と獅子鼻の新兵衛両親分の縄張りだが、新兵衛は甲府勤番支配頭の鈴木将監にとり入り、仏と呼ばれる三右衛門の縄張りを荒らす一方、三右衛門の娘お浜に横恋慕した将監は新兵衛の手下に命じ、お浜を拐わかそうとした。お浜の難儀を救ったのは、偶然通り掛ったやらずの勘八だった。三右衛門の家に草鞋を脱いだ勘八は、一眼でこの家の没落の原因を見抜く。彼は単身新兵衛の家に乗り込み、火の出るような啖呵で獅子鼻一家の度胆を抜き、勝沼を後に亡き母の三周忌にと江戸へ旅立った。だが勘八の親切が仇となって三右衛門は新兵衛に斬られ、お浜は勘八の後を追って江戸へ旅立つ。そんなこととは露知らぬ勘八は、道中で坊主頭のならず者雲鉄に襲われた巡礼姿の娘お雪を救う。彼女は元、勘八こと信太郎の許婚であった、奥村勘解由の娘で、鈴木将監が申し出た息子惣之助の嫁にとの望みを拒絶したことから勘解由は斬られ、お雪は父の遺した将監の乱政を幕府に訴える書状を持ち江戸へ旅立ったのである。勘八は驚くが、自分の素姓は秘めて何かとお雪の面倒を見た。だが、そこに通りかかったお浜から勘八は三右衛門殺しのいきさつを聞き再び愕然とした。その頃、宿はお雪を追う将監配下と、お浜を追う新兵衛や子分共に囲まれていた。勘八一世一代の大暴れの末、お浜は新兵衛を倒したが、そこに現われた勘八の叔父、御支配頭青木摂津守の口から、将監親子の罪状も明らかとなった。勘八は将監親子を斬り伏せ、彼の身分を侍と知ったお浜の驚きを後に、今は武家姿に戻ったお雪と共に峠道に消えて行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。