日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

三つ首塔
ミツクビトウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年04月25日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Three-Headed Tower  
上映時間
82分  

小説倶楽部に連載された、横溝正史の同名怪奇探偵小説の映画化。「長脇差奉行」の構成を担当した比佐芳武が脚色し、「げんこつ社員」の小林恒夫と「長脇差奉行」の小沢茂弘が共同で監督した。撮影は「無敵の空手! チョップ先生」の星島一郎と「雪崩(1956)」の西川庄衛の共同担当。主な出演者は「長脇差奉行」の片岡千恵蔵と「げんこつ社員」の高千穂ひづるが、金田一耕助と助手白木静子の探偵コンビをつくる他、「頑張れゴンさん」の浦里はるみ、「続源義経」の中原ひとみ、「無敵の空手! チョップ先生」の南原伸二、他に三浦光子、宇佐美諄、片岡栄二郎など。

スタッフ

企画
玉木潤一郎
原作
横溝正史
脚色
比佐芳武
監督
小林恒夫小沢茂弘
撮影
西川庄衛星島一郎
音楽
仁木他喜雄
美術
森幹男
照明
元持秀雄
録音
加瀬寿士

ストーリー

明治の末年。佐竹玄蔵は殺人を犯してアメリカに逃げた。玄蔵の友人高頭省三は犯人として捕えられ獄死した。玄蔵はサクラメントで億万長者となり、昭和十年ひそかに帰国すると省三の供養のため、友人の法然和尚の寺妙光寺に三っ首塔を建立、黒川弁護士に頼んで相続人を決めた。やがて玄蔵は十億の遺産を残して死んだ。昭和三十×年のある日、玄蔵の亡弟善吉の娘の夫上杉博士は黒川の訪問を受け、亡妻の妹夫婦の子で夫婦の死後養女とした宮本音称がその相続人だときかされた。相続の条件は音称が省三の孫で行方不明の高頭俊作と結婚することであった。遺産をめぐる人々には善吉の息子で上杉には義弟にあたる佐竹建彦、玄蔵の亡弟彦太の末娘でバーのマダム明美、その支配人古坂、彦太の孫で日舞師匠の笠原薫と妹の操、同じく孫の女剣劇佐竹由香利、キャバレーを経営する根岸姉妹と義父志賀雷三などがいた。遺産の独占を企てた建彦は先ず操を、ついで高頭俊作を名乗って現われた男を毒殺した。また明美を毒殺するとその犯行を雷三の所為に見せかけ、古坂と争う雷三を刺殺した。一方、音称は堀井敬三という青年に誘拐された。名探偵金田一耕助の活動が始まり、三っ首塔で遺産の分配が行われる日、法然和尚に変装した耕助は、何くわぬ顔で列席している建彦の正体をあばいた。建彦は塔に放火し一同を焼殺そうとしたが折から駈けつけた等々力警部等の手で耕助達は救出された。建彦と薫は焼死した。堀井敬三こそは真の高頭俊作で、音称を誘拐したのは彼女を建彦の魔手から守るためであった。二人は遺言状の希望通り結婚することになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。