日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続イカサマ紳士録 おとぼけ放射能
ゾクイカサマシンシロクオトボケホウシャノウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年03月13日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
43分  

「イカサマ紳士録」のスタッフ・キャストと同様であるが、あらたに「びっくり捕物帖 女いれずみ百万両」のトニー谷、「裏町のお転婆娘」の内海突破などが追加出演する。

スタッフ

製作
竹井諒
原作
関川周
脚色
山下与志一
監督
田尻繁
撮影
栗林実
音楽
松井八郎
美術
北川恵笥
照明
岸本万平
録音
亀山正二

ストーリー

一同がウラン開発事業でもうけることを夢想し有頂天になっているのを見て六助は権次にその事業の成功率を問いつめた。権次は、ウランはあるにはあるが北海道でも有名な辺ピな土地にあるから、原始林を切り開くだけでも大へんな費用がかかり、事業としては成り立たぬだろうといった。六助開いた口がふさがらなかった。ある日、真佐子の家を訪れた六助は、彼女が刑務所から出て来た夫の富田に会いに神山の酒場に出かけたと知り、案じて後を追った。果して神山は真佐子に毒牙をのばそうとしていた。六助は神山を格闘の末倒した。だが富田が帰って来たことは事実だった。一方、先日の祝賀会に来た商工大臣の代理が有川の仕組んだにせ者であることや、権次のインチキがばれ、金を出した亀造達が騒ぎ出した。六助の倒した神山は当局のお尋ね者だったギャングであることが判り、六助は警察から表彰されることになった。権次達と連れ立って警察に行く途中、一行は富田に会った。富田は権次に会い、お互いにおどろいた。彼等は同じ刑務所仲間で、権次のウラン探しも全くのホラと判ってしまった。六助は腹を立てて二人を殴りつけてしまった。幸いにも皆から集めた金は六助が銀行に預金してあったので無事だった。例の宝くじが六助に当っていないことをどうして真佐子が知っていたのかもやがて明かになった。靴磨きをしていて彼女が拾ったくじが正にその当りくじだったのだ。真佐子はそのくじを交番に届けた。六助は真佐子の心を美しいと思い、その夫の富田のために出来るだけの弁護をしてやる積りになった。だが彼はなんとなく寂しかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。