日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

名君剣の舞
メイクンケンノマイメイクンツルギノマイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年02月11日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
73分  

故井上金太郎の原作を「羅生門の妖鬼」の五都宮章人が脚色し「晴姿一番纏」の河野寿一が監督、「旗本退屈男 謎の決闘状」の松井鴻が撮影を担当した。主なる出演者は「赤穂浪士 天の巻・地の巻」の東千代之介、田代百合子、「ほまれの美丈夫」の三笠博子、「続々獅子丸一平」の片岡栄二郎、「晴姿一番纏」の薄田研二など。

スタッフ

企画
大森康正
原作
井上金太郎
脚色
五都宮章人
監督
河野寿一
撮影
松井鴻
音楽
高橋半
美術
鈴木孝俊
照明
山根秀一
録音
佐々木稔郎

ストーリー

野州喜連川七万石の当主英直が領民たちから名君と慕われるかげには、妹雪姫をはじめ、腰元浪江、家老簡野三左衛門、重三郎の親子、名医丹庵、お抱え力士花の山、お茶坊主で鼻のきく無斎、早耳の呂春らのなみなみならぬ努力がひそんでいた。ところが奥方が何者かに毒殺され、英直も再三度にわたって狙撃を受けるという事件が起った。お家横領をたくらむ叔父喜連川節叟の仕業である。ある日、節叟のワナにかかった英直は天守閣の階段から落ちて重傷を負い、取締り不行届きのかどで三左衛門らは失脚、節叟の息子周馬や腹心の須見剛太夫が要職についた。雪姫、浪江、丹庵らの憂慮もむなしく、英直は哀れ狂える廃人になった。周馬を雪姫と添わせる魂胆の節叟は、英直の子を宿している浪江を追放するが、その頃、雪姫にいどんだ周馬は過ってこれを刺し殺してしまった。かくて、節叟は庄屋宅に身をかくしていた三左衛門を斬り、周馬の喜連川家相続を発表したのである。だが、重三郎、浪江、丹庵らは節叟一味が喜連川神社のだんじり祭を期して英直暗殺をたくらんでいることを知った。その日、般若の面をかぶった英直が城内にしつらえた能舞台で舞っていると、鬼に扮した面々が矢庭に真剣をふりかざして斬りつけた。居合わす人々が思わず固唾をのんだ瞬間、英直は手練の早業で周馬を刺した。かねて節叟一味の陰謀に気づいた英直は、奸臣輩を仆すため狂人を粧っていたのだ。英直は浪江の手をとり晴れ晴れと舞い続けるのであった。心を浮き立たせるだんじり囃子が、風に乗って遠く近く流れてくる。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。