日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

逢いたかったぜ
アイタカッタゼ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年12月20日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
65分  

目黒賢太郎の原作を「志津野一平 地獄の接吻」の共同脚色者の一人、田辺朝治が脚色し「白浪若衆 江戸怪盗伝」の小林桂三郎が監督、「人生とんぼ返り(1955)」の高村倉太郎が撮影を担当した。主なる出演者は「続・警察日記」の金子信雄、藤代鮎子、小田切みき、「乳房よ永遠なれ」の木室郁子、新人名和宏、歌手岡晴夫など。

スタッフ

製作
児井英生
原作
目黒賢太郎
脚色
田辺朝治
監督
小林桂三郎
撮影
高村倉太郎
音楽
上原げんと
美術
坂口武玄
照明
岩木保夫
録音
八木多木之助

ストーリー

四カ月ぶりに帰港した邦徳丸の船員花村千吉は、安藤という若者が港の古顔の政、虎、辰たちに危くヤキをいれられるところを救ってやった。その花村がバー「ラバさん」の表戸をあげると、マダムの葉子、一人息子の秀夫、バーテン健一が明るく迎えた。花村は葉子の姪で洋裁学校へ通っている初枝が好きなのだ。そこへ先刻の安藤が来て、ぜひ弟分にしてくれというが、花村はヤクザは大きらいだと相手にしない。悄然と帰って行く安藤の一本気に、初枝は心を惹かれたようだ。やがて花村がバーを出ると入れちがいに政たちが来て、昼間の礼は必ずするから伝えろとすごむのだった。翌日、また安藤につかまった花村はみなし児だと聞いて可哀想になり、港で職にありつけない安藤を自分の船で働けるように口をきいてやった。邦徳丸が出航する日、政に呼び出された花村はボスの坂田に拳銃の引金を曳いた。それから三年目の秋、刑務所を出た花村は迎えに来た健一に初枝のことを訊くが、なぜか健一は口ごもるのだった。初枝と結婚していた安藤は、葉子から花村が初枝を愛していたときかされ、愕然とした。初枝はすでに身ごもっていたのである。安藤のアパートを訪ねた花村は初枝を見て一度は憤りを覚えたが二人の幸福を祈ってすべてを諦めた。同じ頃、花村の出所を知った政たちは報復のため、呼び出しの電話をかけて来た。電話口に出た安藤は花村の身代りに公園へ向うが、「ラバさん」でそれを知った花村は安藤を追い、葉子が警察に連絡した。政たちの逃げたあと、花村は詫びる安藤の肩を叩いて「バカな真似はよせ、もうすぐ親父じゃないか、逢いたかったぜ、三年ぶりに」と明るく笑うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。