日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

トランペット少年
トランペットショウネン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年07月26日 
製作会社
東映十六ミリ映画 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Trumpet Boy  
上映時間
44分  

田中研の原案から「少年死刑囚」の片岡薫が脚本を書き、「狂宴」の関川秀雄が監督。撮影は仲沢半次郎である。出演者は「姉妹(1955)」の内藤武敏、「美しい人」の日野道夫などで、十六ミリ原版から三十五ミリ版がプリントされた。

スタッフ

企画
芹川一郎
原案
田中研
脚本
片岡薫
監督
関川秀雄
撮影
仲沢半次郎
音楽
草川啓
照明
田中光五郎
録音
中野倫治

ストーリー

東北の片田舎の学校に、音楽の上田先生が新しく赴任して来た。生徒の宗太は浪花節をうなって怒鳴りつけられたので、早速「雷先生」と綽名した。生徒たちが卑俗な流行歌しか歌わないのを聞いた先生は、PTAの席上で音楽の大切な事を説いたが、村の父兄には馬の耳に念仏だった。そのころ村にサーカスが訪れた。すると子供たちは楽隊の「天然の美」を聞いて、その真似に大騒ぎだった。これを見た先生は、押入にほおりこんでいたトランペットを取りだして子供たちに聞かせた。子供たちはその音色に心を奪われ、自分たちで手製の楽器を作るほど熱心になった。宗太だけはこれに反抗して仲間に加わらず、黒板に「雷先生の歌」を落書した。ところが先生はこの歌詞に符をつけて皆に歌わしたので、宗太もそれから熱心にトランペットを習った。ある日、先生から借りたトランペットを、宗太の父親がうるさがってはねのけたはずみに、トランペットは曲ってしまった。怒って家を飛びだした宗太は、曲ったトランペットを持って雨中をさまよううち、雨のため崖くずれの大きな石が鉄道線路に落ちているのを発見し、トンネルまでかけて入口でトランペットを吹きならした。異様な音の反響で汽車は止り、惨事を免れた。数日後、鉄道員もまじって、小学校では豆楽団によるPTA慰安会が開かれ、夢中でトランペットを吹く宗太を、父親も笑顔で見守っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。